高橋文哉とボディータッチの応酬!?細田善彦が愛でる共演者の素顔

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは金曜ドラマ『フェルマーの料理』を放送中。天才数学少年・北田岳(高橋文哉)が、謎に包まれた料理界のカリスマ・朝倉海(志尊 淳)とともに、超一流レストラン「K」で、世界中から集まった料理のプロフェッショナルたちと切磋琢磨し、数学的思考で料理という難題に立ち向かう。若きプロフェッショナルたちが本気で挑む青春ストーリーだ。

今回登場するのは、レストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦。なぜ料理長になれる技量・才能を持ちつつも、海のもとで働いているのかが、徐々に明らかになりつつある今、もっとも注目すべき人物に、撮影秘話を聞いた。すると意外な派閥の存在が明らかに!?

共演者のみんなが可愛くて仕方ない!

――布袋勝也はどんなキャラクターでしょうか?

志尊淳さん演じる朝倉海がシェフ、僕がそのナンバー2、スーシェフという副料理長の役です。「K」にいるシェフたちはみんな、他のレストランへ行けば、即、料理長になれるほどの実力者揃い。そのナンバー1は物静かにたたずみ、ナンバー2は厳しく振る舞う、「K」の中でそういった存在ですね。

『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦(左)と、朝倉海を演じる志尊淳(右)『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦(左)と、朝倉海を演じる志尊淳(右)

布袋は海の性格はさておき、彼がつくる料理だったり、海と料理をしている時間が楽しかったり、そこに魅力を感じて、海に付いていく男。厨房で淳くんと料理をするシーンの撮影では、僕もとても楽しんでいます。
アスリートが試合中にアドレナリンが出て大声を出すも、いざ試合が終わったら、とても穏やかになることがありますが、まさに布袋もそういう人物です。料理と向き合っている瞬間はかなり厳しい目を持っていますが、一旦料理から離れると、話の分かるいい兄貴分だと思って演じています。

――布袋と岳との関係性はいかがですか?

第2話では岳に“まかない”という試練が与えられ、布袋は岳に対し、料理は“美味しいだけではない”ということを熱く伝えるのですが、そういうメッセージを海が布袋に託していると思って演じています。料理人としてどう岳を引っ張るべきか、「お前がやれ」と、海に言われてるような気がして。岳のまかないは実際に美味しいのですが、それだけでは駄目だということを、布袋なりのやり方で伝えたつもりです。

『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦(左)と、北田岳を演じる高橋文哉(右)『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦(左)と、北田岳を演じる高橋文哉(右)

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

すごい熱量ですよ。お客様が食べている優雅なホールとは真逆で、厨房は“戦場”です。料理監修の田村浩二さんも「実際の厨房も戦場です」とおっしゃっていました。やはり優雅に料理を提供するホールとの対比として、激しさはあるべきですし、僕も戦場にいるような思いで演じています。
そうした戦場らしさを一番つくり出しているのは布袋のような気がしています。逆に布袋がいなければもっとこの厨房は平和なのではとも思いますが(笑)。でも、布袋が厳しいのも結局、海のブランドが傷つかないようにやっているわけで、それぐらい海を認めているのだと思います。

布袋は海からチーム全体を託されていると感じているので、岳以外のメンバーに対しても厳しい目線で接しています。僕個人としては、共演者のみんなが可愛くて仕方ないので、正直、慕われたいですね(笑)。

『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦(左)と、乾孫六を演じる板垣李光人(右)『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦(左)と、乾孫六を演じる板垣李光人(右)

――「K」のメンバーのチームワークはいかがですか?

全体のスピード感は、キャストのみんなが意識していることかと思います。セリフのやり取りも含め、食材を切るスピードもかなり意識して演じています。布袋の場合は、手元のスピードというよりは、パワフルな動きを特に意識していますね。
今回、撮影前にリハーサルがあったこともあり、チーム「K」はとても仲がいいですね。特に文哉くんと淳くんが、微笑ましいぐらい仲が良くて(笑)。2人がその明るさで、僕らキャストを巻き込んでくれたので、最初からいい雰囲気がつくれていると思います。

現場で、文哉くんと淳くんが僕を“ヨッシー”と呼んでくれるのですが、実はあの2人しか呼んでいなくて、まったく浸透していません(笑)。小芝さんは“彦さん”と呼んでくれていますし。僕の名前の呼び方には、彦さん派閥と、あの2人だけのヨッシー派閥があるようです(笑)。

淳くんはいつも笑顔ですね。海との落差がカッコイイと思いながら見ています。文哉くんはもう存在自体がかわいいです。コミュニケーションとして、よくボディータッチをしてくるので、僕も負けじとやり返しています(笑)。

『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦『フェルマーの料理』でレストラン「K」のスーシェフ・布袋勝也を演じる細田善彦

――作品の見どころを教えてください。

厨房シーンに象徴されているように、ドラマ全体の熱量が一番の見どころです。「すごいものを観た!」というふうに皆さんに思っていただけるような作品を頑張ってつくっています。

海との実力差に落ち込み、2番手に甘んじていた布袋。しかし、その海が突然レストラン「K」から姿を消してしまって…。第8話では、布袋はスーシェフとして、海から料理長に指名された岳を支えようと底力を発揮する!? 役に込めた細田の覚悟とともに、海不在の「K」での、布袋の戦いを見届けよう。

PICK UP