山下美月は年下でもまるで本当の“姉ちゃん”!兵頭功海が目指す“下剋上”とは?

公開: 更新: TBS Topics


TBSで現在放送中の日曜劇場『下剋上球児』。高校野球をとおして、さまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメントだ。鈴木亮平、黒木華、小日向文世、井川遥、生瀬勝久、小泉孝太郎、松平健ら豪華俳優陣が毎週熱いドラマを繰り広げている。

今回は、フェリーで越山高校に通学し、南雲脩平(鈴木亮平)に助けられる根室知廣を演じる兵頭功海に、役づくりを中心に話を聞いた。

亮平さんのようなプロ意識の高い役者になりたい!

日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー

――根室知廣を演じる上で意識しているところを教えてください。

僕は小学校の時は外野とキャッチャーを経験していまして、それ以降、高校までピッチャーをしていました。撮影は久々に高校時代に戻ったような感覚です。泥だらけになり、充実した日々を過ごしています。

根室は臆病な性格で、同じクラスの犬塚翔(中沢元紀)や、優しい椿谷真倫(伊藤あさひ)にしか話しかけられないのですが、学年が上がっていくうちに、楡伸次郎(生田俊平)や、久我原篤史(橘優輝)にもツッコミを入れたり、日沖壮磨(小林虎之介)にも「お前怒りすぎや」と注意したり、演じながら根室の成長を実感しています。

日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー

――塚原あゆ子監督からはどんなアドバイスがありましたか?

塚原さんがよくおっしゃるのは、“役をキャラっぽくしない”ということ。役を演じようとしすぎると、どうしてもセリフっぽくなるので、キャラを自分に近づけて、自然な言葉で話すという狙いがあるのかなと思います。
根室は貧乏で、お姉ちゃん(根室柚希/山下美月)と2人暮らしで、フェリーで通学しているという役どころで。そうした家庭環境を知ると、先入観から、彼を暗い子だと捉えがちだったのですが、そういう子でも明るい時は明るいし、笑う時は笑う。今回、そういう生っぽさを表現しようと思ったら、お芝居をしてはダメなのだということを塚原さんと接していて学びました。

日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー

――共演者の方々の印象をお聞かせください。

鈴木亮平さんは「根室はこれまでにどういうことをして、ここに来たと思う?」などと、いつも同じ目線で話してくださり、「根室がそうなら、先生はこう心配して、こう動くと思う」と、シーンとシーンの合間にあるドラマを一緒に考えてくださいます。フェリーで「野球やりたいと思ってたよ」と南雲先生に言われるシーンの撮影でも、1カット撮り終える毎に塚原さんと話し合って丁寧に作られていました。亮平さんのようなプロ意識の高い役者にならないといけないと強く思いました。

黒木華さんは“みんなの寮母さん”のような印象ですね。いつも後ろから「はい、しっかりやるよ!」とみんなの気を引き締めてくれます。とてもフレンドリーで、いつも優しい眼差しで見守ってくださいます。

姉・柚希役の山下美月さんは壁が一切ない方で、とても話しやすい空気を作ってくださいました。実年齢は僕のほうが上なのですが、第2話の南雲先生のグローブに関して話すシーンや、洗濯物を畳むシーンの山下さんの演技を見て、本当に「姉ちゃんだ」と思えました。

僕がこの仕事をしている中でいちばん仲がいいのが伊藤あさひです。以前、共演した時になぜか「この人と仲良くなりたい」と強く思い、食事に誘ったことがきっかけで仲良くなりました。何でも話しますし、『下剋上球児』のオーディション中も、2人で練習をしたり、「頑張ろう」と励まし合ったりしていました。2人とも合格できて本当に良かったです。

日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー

――日曜劇場に出演しているご自身の姿を見ていかがですか?

地元(福岡)の友だちからも、たくさん連絡がありました。親もとても喜んでくれています。
日曜劇場は、誰もが知っている大きな枠。主演が鈴木亮平さんの作品ということで、最初はそこに自分が出演している実感がまったく湧きませんでしたが、放送で観たり、反響をいただいたりして、初めて実感しました。これからもっともっと成長して、また日曜劇場に帰って来たいです。

日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー日曜劇場『下剋上球児』兵頭功海インタビュー

――今後の見どころを教えてください。

投げる球も遅くて、野球部に入るかも迷っていたような気弱な根室が、これからチームを引っ張り、どんどん成長して翔がライバル視する存在になっていきますので、そうした過程をぜひ見守ってもらいたいです。

第6話で投球フォームを変え、エースを脅かす存在にまで成長した根室。気弱さの中に隠れた闘志は、兵頭が持つ熱意そのもの。どんな下剋上を果たすのか今後がますます楽しみだ。

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『下剋上球児』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

PICK UP