“夢中になる”ということは素晴らしい!『下剋上球児』監督・塚原あゆ子が伝えたい自己肯定の大切さ

公開: 更新: TBS Topics


TBSで現在放送中の日曜劇場『下剋上球児』。高校野球をとおして、さまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメントだ。鈴木亮平、黒木華、小日向文世、井川遥、生瀬勝久、小泉孝太郎、松平健ら豪華俳優陣が毎週熱いドラマを繰り広げている。

今回はTBSにおいて『アンナチュナル』『グランメゾン東京』『最愛』などの大ヒットドラマを手がけた塚原あゆ子監督に、作品のこだわりなどを聞いた。

みなさんの背中を押すような発信ができたら

日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー

――本作のこだわりを教えてください。

本作は、先生が過ちを犯し、生徒たちがその過ちをどのように捉えるのか、そうした葛藤を抱え、みんなで下剋上に挑戦する成長物語です。主人公を単なる解決屋さんにはせず、大人の苦しみを背中に乗せた人物にしたいと思いました。

日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー

――主演の鈴木亮平さん(南雲脩平役)の印象を聞かせてください。

鈴木さんは本物の学校の先生、監督という感じですね。南雲先生は決して完璧ではなく、人間くさい人物です。自分も許し、他人も許し、自己肯定感を互いに高め合う生き方が問われる時代で、鈴木さんはそうした南雲先生の背中を芝居で見せてくれています。

冒頭のシーンの撮影は、クランクインして間もなかったこともあって、球児たちはまだ関係を深められていなかったのですが、鈴木さんは積極的に球児たちの間に入ってコミュニケーションをとっていました。休憩中には「ノックするぞ!」と、球児たちをノックに駆り出していたり。そうした行動に彼らは本当に助けられたと思います。

日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー

――球児たちの印象はいかがですか?

オーディションでは野球経験の他に、魅力的な表情をどれぐらい持っているかに注目させていただきました。楡伸次郎役の生田俊平くんは、セリフが少ないのですが、お腹の中から感情が出てくるような魅力がありました。久我原篤史役の橘優輝くんは元々陸上短距離の選手で、経験がないながらもとても雰囲気がありましたね。橘くんに会わなかったら、久我原というキャラは生まれなかったと思います。

日沖誠の役は野球経験の有無より、運命を感じる方でお願いしようと思っていました。その中で菅生新樹くんは、参加者が強豪校出身ばかりなことを知って、“俺めっちゃ場違いですよね…?”と緊張しながら話す感じがとても日沖兄に感じられて、これは運命だと思いました。本当に魅力的な役者ばかりです。たくさんの方々に、彼らのファンになってほしいですね。

日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー日曜劇場『下剋上球児』塚原あゆ子監督インタビュー

――今後の注目ポイントを教えてください。

スポーツだけでなく、何かを愛した時に、アプローチの仕方はいろいろとあると思います。それは自己肯定感を高く持って生きていける道。孫を愛するということが、犬塚樹生(小日向文世)の次のステージになっていますし、横田宗典(生瀬勝久)もいるべくしてあそこにいます。

山住香南子(黒木華)が野球を好きなことを堂々と言って、積極的に参加する姿もとても魅力的ですね。奥寺佐渡子さんの脚本は、とても綿密に練られていて、本当に優しいんです。

日沖誠をはじめとした卒業生たちが、就職して地域の中に溶け込みながら、野球部を応援していくように、甲子園が球児だけの夢でなく、大人の夢にもなっていきます。

そうした応援の素晴らしさ、何かに夢中になることはなんて素晴らしいことなのかというのが、最終回に向けて出てきます。
ご家族で手に汗握りながらも、感涙できる作品です。『下剋上球児』をご覧になった皆さんが月曜日、仕事へ行く時、靴を履く時に、「ヨシッ」と思えるような発信ができたらと思っています。

球児たちのナチュラルな表情をうまく引き出してフレームに収め、躍動感あるドラマに生み出している塚原監督。最終回まで、彼女が作り出した世界を堪能したい。

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『下剋上球児』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

PICK UP