スペインで今「日本の鰹節」が人気を集めていた!

公開: 更新: TBS Topics


「鰹節」はスペインの料理に相性が良い!?

「鰹節」は、昔から食されてきた日本を代表する加工食品。近年、その鰹節がスペインで人気を集めているといいます。

「鰹節」「鰹節」

現地の、ある店では「ホタルイカのパイ包」に鰹節をふんだんに振りかけたメニューを提供しています。

パイと鰹節をあわせて食べてみると、意外にも日本の“タコ焼き”に似た味わいで美味しいそうです。

「ホタルイカのパイ包~鰹節を添えて~」「ホタルイカのパイ包~鰹節を添えて~」

店のシェフによると、「鰹節は燻製したベーコンのような味がして、料理によく合う」とのこと。
原料が手に入りやすいことから、鰹節は2015年にスペインで作られるようになったそうです。

美食家から注目される、スペイン

実は、スペインは「世界のベストレストラン50」(2023年版)のトップ5に3軒の店がランクインする“美食の国”。
なかでも世界の美食家たちから注目されるのが、北部バスク地方の街・サンセバスチャンです。

バルのカウンターに並ぶピンチョスバルのカウンターに並ぶピンチョス

街の旧市街には160軒以上のバルが連なり、どの店でも美味しいものが味わえるそう。人々は、サンセバスチャン名物の一口料理“ピンチョス”や酒を味わいながらバルを巡ります。

スペイン語で“串刺し”という意味のピンチョスは、近年、レストランで出すような手の込んだ料理を小さなサイズで提供して爆発的な人気を得ています。

ウニのクリームウニのクリーム

そんな美食の国・スペインで、日本を代表する味を持つ鰹節が親しまれているとは嬉しい驚きですね。

TBSで土曜よる9時から放送中の『世界ふしぎ発見!』では、このほかにも世界のあらゆるふしぎを、クイズとトークで解き明かしています。

世界ふしぎ発見!

土曜よる9:00~

 

PICK UP