左打ちのモデルはオリックスの森友哉!小林虎之介が明かす鈴木亮平との緊迫シーン

公開: 更新: TBS Topics


TBSで現在放送中の日曜劇場『下剋上球児』。高校野球をとおして、さまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメントだ。鈴木亮平黒木華小日向文世井川遥生瀬勝久小泉孝太郎松平健ら豪華俳優陣が毎週熱いドラマを繰り広げている。

今回は、兄の思いを継いで野球部に入った日沖壮磨を演じる小林虎之介に、オーディションや撮影現場でのエピソードを聞いた。

野球をやらせてくれた親に感謝!憧れの鳥谷敬と記念撮影も

日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー

――オーディションに受かった時の心境はいかがでしたか?

オーディションを受ける前から、「絶対に役をとる!」と、事務所の方を含めた周囲の人たちに宣言していたので、とにかく一生懸命やるしかないと思い、自宅でも毎日素振りをしていました。なので、受かった時は正直ホッとしました(苦笑)。

野球は、小学校1年から高校3年までプレーしていまして、ポジションは中学校までは外野と内野、高校3年間はキャッチャーをやっていました。
この経験がなければ今回の役も掴むことができなかったので、野球をやらせてくれた親に改めて感謝しました。

日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー

――日沖壮磨を演じる上で意識しているのはどんなところですか?

壮磨は思春期真っ只中で、なかなか素直になれないキャラ。心の中にある本音を言えないところが難しいと思っています。塚原あゆ子監督からは、“キャラクターの個性は失ってはいけない”“野球部員たちがみんな同じ方向の意見を持たないように”とアドバイスをいただいていたので、それを意識して演じています。

兄・日沖誠役の菅生新樹くんとは兄弟役として、 “他の人がいる時は距離が近くない兄弟”という共通認識を持っていました。実際、他の12人の球児役キャストがいる時にはあえて会話をしていません。でも、2人になった時にはお芝居の話や、他愛もない話をしつつ、徐々に壮磨と誠の距離感を作っていきました。

僕はこれまで右打ちだったのですが、今回、キャストに左打ちが少ないということで、左打ちに切り替わりました。とはいえ、打ち方に説得力を持たせなくてはならないので、何度もバッティングセンターへ通っています。イメージはオリックスの森友哉さんですね(笑)。

日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー

――撮影現場でのエピソードを聞かせてください。

今回、下川原祐一役で出演されている、鳥谷敬さん(元プロ野球選手・野球解説者)と一緒のシーンはありませんでしたが、新井順子プロデューサーに頼み込んで、現場を見学させていただき、鳥谷さんと写真を撮ることができました(笑)。

日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー

――共演者の方々の印象をお聞かせください。

鈴木亮平さんの現場の入り方やシーンの入り方など、現場での立ち振る舞いがすべて参考になるので、僕はずっと亮平さんの真似をしています。
第3話のラーメン屋のシーン前は、亮平さんが集中されていて、僕もその真似をしていたので、会話がないまま撮影に突入しました。かなり緊張しましたが、一発でOKになって良かったです。

黒木華さんは、これまで出演された作品のいろいろな役柄を観ていたので、最初は怖い方なのかなというイメージがあったのですが、本当は真逆で、優しくて穏やかな方でした。いつもフレンドリーに話してくださり、仲良くさせていただいています。

昨年、別の作品で共演した、同級生の楡伸次郎役の生田俊平くんとは、プライベートで食事にも行く仲です。今回もオーディション中から連絡を取り合っていました。

日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー日曜劇場『下剋上球児』小林虎之介インタビュー

――『下剋上球児』は小林さんにとってどんな作品になっていますか?

現場ではスタッフの皆さんからも、たくさんのことを教えていただいているので、それが無意味にならないように、今後の作品でもしっかりとお芝居をして、一歩ずつ上を目指していきたいと思います。

兄をかばう正義感を持ちながら、素直になれない不器用な性格の日沖壮磨。正捕手としてチームを引っ張る小林の今後の活躍が楽しみだ。

■番組概要
[タイトル]
日曜劇場『下剋上球児』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

PICK UP