物語前半をプレイバック!『王様に捧ぐ薬指』

公開: 更新: TBS Topics


TBSで現在放送中の火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』(毎週火曜よる10時)。大好きな家族を守るべく結婚を選んだ“ド貧乏シンデレラ”の羽田綾華(橋本環奈)と、業績不振の結婚式場を立て直すため、好きでもない女との結婚を選んだ“ツンデレ御曹司”の新田東郷(山田涼介)が繰り広げる胸キュンラブコメディーだ。物語は中盤に突入! 今回は、これまでのストーリーを振り返る。

美男美女の2人の出会いは最悪!? 

羽田綾華は、誰もが認める絶世の美女。幼いころからモテモテの人生街道をまっすぐに進んできたが、自分の外見にしか興味を持たない男たちに嫌気が差していた。同性からの嫉妬は止まらず、学生時代から友達は極端に少ない。綾華の知らないところで綾華をめぐる恋愛バトルが勃発することも少なくない。そのため、恋愛経験はほぼゼロだった。

実家は小さな蒲鉾店。弟と妹が4人いる大所帯なうえ、母・桃子(りょう)は6人目を妊娠中だった。経済的な苦労があるものの、どんなときも綾華の味方でいてくれる家族は大切な存在というのが救いだ。
そんな彼女は3か月前から結婚式場『ラ・ブランシュ』でウエディングプランナーとして働いていた。

一方の新田東郷は、大企業『新田ホールディングス』の後継者であり、綾華が働く『ラ・ブランシュ』の社長。容姿端麗で外国語が堪能、そして生粋の御曹司である東郷はまさに“キング”と呼ばれるにふさわしい男ともいえる。もちろん、そんな彼を女性たちが放っておくわけはなく、運命の相手を見つけるべく、テレビの恋愛リアリティ番組に出演した経験もある。しかし東郷は、その恋愛リアリティ番組で、最終的に誰のことも選ばないという予想外の行動に出た。

そんな東郷がある日突然、社長室に綾華を呼び出した。その理由は、なんとプロポーズをするためだった!

打算だらけの結婚生活がスタート!

実は東郷は、イタリア留学中に父・新田智宏(利重剛)から急遽帰国させられ、『ラ・ブランシュ』の経営回復を図ることを命じられていた。社長に就任し、いろいろと施策を実行するも、思ったような回復は見込めずにいた。恋愛リアリティ番組に出演したのも、その一環だったのだ。番組により、東郷の名前と顔は世間に知られることとなったが、肝心の『ラ・ブランシュ』の経営状態は思わしくないままだった。

そんな中、智宏から小言を言われた際思わず「一年以内に必ず会社を立て直す!」と宣言してしまう。そこで考えたのは、自身が幸せな結婚生活を送り、結婚式場や結婚自体のイメージをアップさせること。

その白羽の矢が立ったのが、顔だけは美しいが何も考えていなさそうな綾華だった。それまで長女として経済的に家族を支えてきた綾華は家族のため、東郷は会社のため、結婚することを決意。まさに互いのメリットのためだけの“メリット婚”による結婚生活がスタートする。

火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック

配信動画の撮影でドキドキ!?

結婚生活をスタートさせるも、もともと性格の合わない2人。ちょっとしたことですぐに口論となってしまう。とはいえ結婚の条件のひとつとして東郷から提示されていた、“定期的に幸せな結婚生活の様子を仲良く撮影する”という契約を果たさなくてはいけない。2人がメリットだけで結ばれているということは2人だけの秘密。高校時代からの親友で東郷の秘書をしているハチこと秋田幸司(森永悠希)にも伏せていた。動画の撮影と編集を担当するハチの前では、なんとか撮影をこなす綾華と東郷だが、ハチが家を出ると、すぐさま口論に。

性格の合わない2人が徐々に互いを認め合う!?

そんな綾華と東郷でも、一緒にいることで少しずつお互いのことを知ることになる。

第1話では綾華と東郷の結婚式に、綾華を妬む渡辺桜(小野ゆり子)が乗り込んできた。桜の手にカミソリが握られているのを見た綾華は、桜が悪者にならないようにかばって手に傷を負ってしまう。職場では、仕事を後輩の竹本光輝(三浦獠太)押しつけて職場を抜け出していると非難を受けていた綾華だが、実は毎日桜の家へ訪れていたことが理由だったと知る。綾華の気遣いを知った東郷は、彼女を“月間社員賞”に選出した。

第2話では、ことあるごとに言い争う綾華と東郷の様子が描かれた。東郷と2人で撮ったとき、綾華が動画の録画停止ボタンを押し忘れたことが原因で、2人が契約結婚だということがバレてしまう。すると東郷は、「人選をミスった」など度が過ぎる暴言を綾華に吐いてしまった。するとそれまで東郷の母にもさんざん振り回されてきた綾華としては我慢の限界を迎えて、東郷の頬を叩いてしまう。

実際、綾華の生活は仕事と母の用事への同行で多忙を極めていた。冷静になった東郷は、素直に綾華に謝罪するが、その言葉は、疲れて眠ってしまった綾華の耳に届くことはなく――。しかし、東郷の肩にもたれかかったまま眠ってしまった綾華を見る東郷のまなざしは、明らかに変化していた。そして改めて東郷は、謝罪の意味を込めて『ラ・ブランシュ』の教会で、綾華の両親の結婚30周年パーティを行うことを提案。その心遣いに感謝した綾華も、彼に応えるべく、東郷の祖母の誕生日会にサプライズ登場。一族の中での東郷の立場を守った。

火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック

新婚旅行は温泉へ! 胸キュンの連発!

第3話で2人は動画撮影も兼ねた、偽りの新婚箱根旅行へ。

夜、東郷と言い合いになり、契約結婚相手のお前には関係のないことだ」と言われた綾華は、外に出かける。すると男たちに絡まれてしまった綾華を、颯爽と登場した東郷が助ける。その後、露天風呂で謝罪し合い、1つのベッドで気まずい時間を過ごす。東郷が、綾華の浴衣姿に見とれて停止した瞬間や“一緒に寝ます?”…と同じベッドへ誘う瞬間など、細やかな胸キュンシーンがたっぷりの回となった。

また東郷とハチの高校の同級生でハチの婚約者・岡田小夜(小林涼子)から、東郷の好きなところを聞かれた綾華は、「筋肉バカだし、潔癖だし、基本上から目線だし、ケチだし、細かいし、笑わないし…(綾華が飼っている愛犬の)ネギにも優しくないし」と思わず悪口ばかりが口をついてしまう。しかし小夜から、「そんなに文句があるのに一緒にいたいっていうことでしょ」「愛じゃん!」と言われたことをきっかけに、綾華は自分の本心に気づき始める…!?

極め付けは『ラ・ブランシュ』箱根店のPRも兼ねて撮影した動画の中でのキスシーン。カットがかかった後、微笑む綾華の美しさに惹かれたのか、東郷が再びキスをし、綾華もそれを受け入れた。犬猿の仲、水と油の関係性の2人の距離がぐっと近づいた瞬間だった。

火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック

愛のない夫婦に、変化が訪れる!?

第4話で綾華は、高校の同級生で初恋の相手である神山絢斗(坂東龍汰)と再会を果たす。妻はよく誤解されてしまうと言う東郷に対し、神山は「誤解してしまうのは本当の羽田さんを知らないからだと思います」と核心をついた。東郷は、綾華の神山に向けられた笑顔や、念入りな服装やメイクを思い出し、2人がただの同級生以上の関係だったのではと勘繰るようになる。その疑惑を払拭するため、動画撮影後に綾華とワインを飲もうとしたり、3人で食事に行こうと誘ったり。神山の前で2人の仲の良さをアピールするも、高校時代の思い出話に盛り上がる綾華と神山に嫉妬してしまう…!? 大人になると素直になるのは難しい…!

一方、綾華は、仕事で起きたトラブルの原因が自分にあると思い込んでしまった。そんな彼女を気遣い、東郷は自分の苦手なキムチや納豆を、綾華のために買ってきた。そして「私といたらみんなひどい目に遭うんです」と言い、東郷に対して「このまま一緒にいたら、不幸を飛び越えて地獄行きですよ!」と自意識過剰なことを言う綾華に、「俺が地獄に行くところを見ていろ、一番近くで」「そんなの妄想だったと証明してやる」と宣言。「なんで?」と尋ねる綾華に、「夫婦だからだ」と告げる東郷のまなざしは、かつてとはまったく異なるものだった。

そして東郷が、土鍋で炊いた白米にキムチと納豆という綾華にとってのごちそうでもてなすと、すっかり元気に。そのお返しに、綾華はイタリア料理好きな東郷のために、苦手な料理に挑戦する。

火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』物語前半をプレイバック

綾華の運命の糸の行く先は…!?

徐々に、互いを契約結婚の相手ということ以上に意識し始めた2人。最初はお金のためならできていたキスも、何かしら理由をつけて避けるように。

そんななか、第5話では東郷が綾華と神山の関係を気にする様子が描かれた。初恋の相手との思い出は、いつまでたっても美しいものなのだろうか――? 事の発端は、綾華が東郷に嘘をついて動画撮影を休みたいと言ったことだった。不審に思った東郷が綾華をつけていくとそこには、神山と親しげに買い物をする姿が!? 2人の仲睦まじい様子に東郷は、複雑な気持ちに…。

しかしそれは東郷の誕生日プレゼントを神山に見繕ってもらうためだったことが判明。さらに東郷が好きそうなレストランでバースデーパーティを開く。かつて自身が出演した恋愛リアリティ番組『バトラー」を綾華も見たこと、そのインタビューから東郷のことを研究して、プランを考えたと告げるとまんざらでもない様子。…ストレートに感謝ができない姿は東郷らしい。

しかし、せっかくの2人だけのバースデーパーティも招かざる招待客のせいでお開きに。綾華にお店を相談された東郷の母・静(松嶋菜々子)もお祝いに訪れたのだ。しかし静から、「生まれてきてくれてありがとう」という言葉を聞いた東郷は、真っ青な顔で「帰ろう」と告げ、綾華を連れて店を出てしまった。
経緯を説明するように求める綾華に対して東郷は、「俺には本当の家族がいないんだ」と衝撃的な告白をする。東郷の辛く苦しい思いを聞いた綾華は東郷をそっと抱きしめ、私がいると告げ、東郷もぎゅっと抱きしめ返した。

契約で結ばれていただけだったが徐々に絆が見えてきた2人。東郷から「社長と呼ぶのをやめろ」と言われた綾華は何と呼ぶかを悩み、東郷は2人の関係を進めようと悩む。しかしそんなときこそ、強敵が現れる――!?

そして第6話以降の『王様に捧ぐ薬指』では、神山の存在が2人にどう影響してくるのか? 目が離せない展開が続くのでお見逃しなく!

■番組概要
[タイトル] 
火曜ドラマ『王様に捧ぐ薬指』
[放送日時]
毎週火曜よる10時~10時57分

PICK UP