たまに地面で見かけるナゾの「矢印」。これの正体って何か知ってます?

公開: 更新: TBS Topics


地面についてる「↑」や「+」の正体

住宅などの地面のそばにしばしば存在する、ナゾの「矢印」。見かけたことはあるものの、それが何なのか知っている人は少ないのではないでしょうか。

地面で見かけるナゾの「矢印」の正体地面で見かけるナゾの「矢印」の正体

実はこれ、「境界標」という“境界を示すプレート”。地籍調査の完了を示す、国土交通省の目印だといいます。

そもそも地籍調査とは、“どこからどこまでが誰の土地なのか”を明らかにする国の調査のこと。

地籍調査とは、“どこからどこまでが誰の土地なのか”を明らかにする国の調査地籍調査とは、“どこからどこまでが誰の土地なのか”を明らかにする国の調査

境界標は、土地のカドになる場所に矢印が来るよう設置されるそう。

地籍調査自体は、各市町村が分担して測量を実施するため、自治体によってさまざまな種類の境界標があるとのことです。

自治体によってさまざまな種類の境界票がある自治体によってさまざまな種類の境界票がある

測量したデータは最終的に、国土交通省の地籍整備課に集約し、間違いが無いかチェックされる流れになっています。

上記のような形で行われる地籍調査ですが、『土地の所有者が見当たらない』などといった理由から、その進捗率は全国で約52%・東京では約24%ほどだといいます。

地籍調査の進捗率は全国で約52%・東京では約24%ほど地籍調査の進捗率は全国で約52%・東京では約24%ほど

境界標の確認を行う際は隣人同士の立ち会いが必要だったりと、地籍調査には意外と大変なことが多いとか。

地面についている「矢印」に、こうした意味合いや大変な手間があったとは驚きですね。

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

 

PICK UP