ここまできた!最新の「防犯カメラ」の性能がスゴすぎる

公開: 更新: TBS Topics


ネット経由で映像を見れる防犯カメラ

「セーフィー(株)」は、防犯カメラを販売している会社。

従来の防犯カメラと違って、同社の商品では映像を全てクラウドに保存しているといいます。

セーフィーの商品では映像を全てクラウドに保存しているセーフィーの商品では映像を全てクラウドに保存している

映像はネット経由で送信するため、初期費用も約4万円と安価。また、録画したデータをどこからでも見られるのも大きなメリットです。

録画したデータをどこからでも見られるのも大きなメリット録画したデータをどこからでも見られるのも大きなメリット

実際、すでに導入をしているネットカフェなどでは全ての店舗の様子を、一つのサービスセンターでチェックしているそう。

そのほか、セーフィーの最新型カメラには、映像データを解析するAIも搭載しているとのこと。それによって、お店を訪れるお客さんがよく通る場所や多く立ち止まる場所などを調査することも可能です。

セーフィーの最新型カメラには、映像データを解析するAIも搭載セーフィーの最新型カメラには、映像データを解析するAIも搭載

そのデータを元に、商品の配置を行ったスーパーでは約10%売上げが伸びたというから驚きです。

従来だと、カメラ本体・レコーダー・モニター・工事費…とさまざまな費用がかかり、1セットそろえる場合は20万円ほど必要だったという防犯カメラ。

それに対しセーフィー(株)は、ハイテクで安価な防犯カメラの販売によって、2022年には約92億円の売上げを記録したそう。これからもたくさんのお店で広まっていきそうなアイテムですね。

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

 

PICK UP