上白石萌歌インタビュー あんな電車に乗らなければよかった…と痛感!?『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは、毎週金曜よる10時より山田裕貴主演の金曜ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』を放送中。同じ電車の一両に乗り合わせた見ず知らずの乗客たちが、未来の荒廃した世界へワープし、生き抜くためにサバイバル生活を繰り広げる予測不能のヒューマンエンターテインメントだ。

今回は、乗客の一人で、高校の体育教師・畑野紗枝を演じる上白石萌歌に現場の裏話などを聞いた。

自発的には出せない感情が自然と湧き起こる撮影現場です

――放送が始まりましたが、周囲の反響はいかがですか?

多くの皆さんが観てくださっていることが本当にうれしいです。
第1話の冒頭、紗枝が赤ちゃんを抱いてホームを走るシーンについては、視聴者の方からいろいろな考察が出ていると聞きました。キャリーバッグの大きさまで気にしている方もいると聞いて、そんな細かい部分まで観てくださっているのかと驚きました。そうした反響を聞くと、現場で私たちが1シーン1シーン丁寧につくっているものが、ちゃんと皆さんに届いているのだと実感が湧きます。

――教師役を演じるにあたり、気をつけている点はありますか?

私の演じる畑野紗枝と赤楚衛二さん演じる白浜優斗は、乗客たちの調和を保ち、皆が命を落とさないように安全を意識しようとするキャラクターです。
教師としても、紗枝個人としても、人のことを思いやることができる性格と解釈しているので、誰かの言葉を受け取るときの視線など、人に寄り添えるような空気感を出せる演技を意識しています。たとえば演じる私自身が誰かに思いを渡す立場にいるというより、思いを受け取るという立ち位置にいるほうが、より紗枝という人物らしいと感じているんです。なので、いつも新鮮な気持ちで、思いを受け取るように心がけています。
この作品にはいろいろな性格の人物が登場しますが、うらやましいなと思うのは、古川琴音さんが演じる渡部玲奈。彼女のように、スパッと筋の通った意見を言える女性になりたいです。

――劇中で特に印象に残っているシーンはありますか?

第1話で、山田裕貴さん演じる萱島直哉が崖から落ちそうになるシーンがあったんですが、紗枝と優斗で直哉を引きあげた後、直哉が「疲れた」と言ったんです。あのときの直哉の表情は忘れられません。
本当に死ぬかもしれなかった自分と、引き上げられた自分の、“生きている実感”のようなものを山田さんがうまく体現されていて。そのお芝居の凄まじさ、熱量を間近で感じることができました。
また、第1話の最後、紗枝が優斗の言葉に救われたと言ったシーンの、赤楚さんの目もとも印象に残っています。これからのサバイバル生活の中で、紗枝は優斗に支えられていくんだろうなと、先が見えたような気がしたんです。
赤楚さんは、“目で語る”俳優さん。言葉がなくてもどういう目をしているかで、言いたいことが分かるので、撮影中、紗枝と同じく私も何度も助けていただいています。

『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』上白石萌歌インタビュー『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』上白石萌歌インタビュー

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

共演者の皆さん、とてもやわらかい方々ばかりで、とても雰囲気がいいです。
偶然同じ時刻に、同じ車両に乗り合わせただけだった乗客たちが、結束していくのと同じように、出演者たちも結束しているのが分かるんです。
撮影が進むにつれ、より積極的にコミュニケーションをとるようになりました。ワンシーンをつくりあげるごとに、「ここはもうちょっとこうしてみよう」など、細かい部分まで話し合っているのですが、そういう作業が繋がりを強くしているんじゃないかなと思っています。
しかも出演者の皆さんがそれぞれの役に寄ってきているようにも感じています。たとえば加藤祥大を演じる井之脇海くんはとても博識。普段からいろいろなことを教えてくれます。また米澤大地を演じる藤原丈一郎さんは、役柄同様、現場でもムードメーカー。長丁場が続く収録現場を盛り上げてくれています。脚本が当て書き(演じる俳優をあらかじめ決めて脚本を書くこと)なんじゃないかと思うくらい、その人のよさがキャラクターに反映されていますね。
山田さんは作品全体を一番考えてらっしゃる方。撮影の合間に「紗枝って本当はこうなんじゃないか?」など、山田さんから見た紗枝の人物像を話してくださり、私がよりよい演技ができるよう引き出してもらっています。山田さんを中心に、みんなで意見交換をし続けていることで、全体の関係性がとても深まっていると感じています。
あと意外だったのは赤楚衛二さんのギャップ(笑)。真面目できっちりしている方というイメージがあったのですが、とても冗談が好きな方。素敵なギャップだと思っています。

『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』上白石萌歌インタビュー『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』上白石萌歌インタビュー

――ペンディングされた世界の美術セットをご覧になったときの感想を教えてください。

本当に“ペンディングされてしまった”んだなと思いました。私は何てところに来てしまったんだ、あんな電車に乗らなきゃよかった…と(笑)。
それぐらいスタッフさんが用意してくださる美術セットやロケ地に救われています。その場に立つだけで、自発的には出せないいろいろな感情が自然と湧き起こるんです。スタッフさんたちの愛情や、この作品をよいものにしようという心意気がセットからも伝わってくるので、私自身も、セットに負けないぐらいの存在感を出そうという意識で日々、撮影に挑んでいます。
第2話で紗枝が直哉に「あなたがどういう人か分かりました」と声をかけるシーンがあるんですが、撮影中、紗枝が持っていた花を直哉に直接渡すかどうか、迷いました。
結局、孤独な直哉に対して、紗枝が「私は孤独に寄り添いますよ」「あなたの本当の姿を見たいです」という優しさを持っていることを伝えるべく、直接ではなく、岩に置いてみました。そうしたら直哉は受け取った花を地面に植えてくれたんです。結果的に、紗枝の優しさだけではなく、直哉の愛情がよく伝わるシーンになったと思います。

――第3話の見どころを教えてください。

電車の中で過ごす時間も長くなり、第3話は「私たちはここで生きなければならないんだ」という生活感が芽生える回です。
乗客みんなのチームワークも出てきたところで、私の演じる紗枝が、ちょっとしたトラブルを起こしてしまうのですが、その事件を通して結束していくみんなの姿をぜひ見ていただきたいです。また、直哉と優斗と紗枝の心のやりとりも、より丁寧に、より繊細に、お互いの気持ちの受け渡しができたと思っています。
乗客のみんなとつくりあげた臨場感のあるシーンはもちろん、少人数での繊細なお芝居にもぜひ注目していただけたらと思っています。

■番組概要
[タイトル]
金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』
[放送日時]
毎週金曜よる10時~10時54分

PICK UP