プロデューサーが語る第1話の見どころ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは本日4月21日(金)より、山田裕貴主演の金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』(TBS系 毎週(金) よる10:00~10:54 ※初回は15分拡大 よる10:00~11:09)がスタートする。いつもと変わらない朝、都心へ向かう電車の一両が忽然と姿を消した。乗客たちは突如【日常】を奪われ、何もかも遮断され【ペンディング】された【非日常】の世界へと放り出されてしまい、共にサバイバル生活を生き抜くことに。困難を前に、人はどう生きるのかを描く予測不能のサバイバルエンターテインメントだ。

いよいよ第1話が放送されるが、宮﨑真佐子プロデューサーから、本作の見どころやこだわりポイントが到着! 作品を見守ってきたプロデューサーならではの視点、裏話も飛び出した。

予測不能の濃い人間ドラマを楽しんでほしいです

『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』

「このドラマは電車の一両が舞台になっているため、老若男女いろいろな人達が集まっていて、しかもお互いに赤の他人の関係から始まります。そのため、実際の電車内の再現もちろん、見知らぬ人同士が非常事態になったとき、どう立ち振る舞うのかは台本を作っている段階から、どういう人が一番最初に声をかけたりするかなど細かい所までとにかくリアルにこだわりたいと考えてきました。そのため、乗客68名の方々はオーディションから選び、そして一人一人のキャラクター設定、人生を考え『自分はこういう人だから、こういう行動するだろう』と皆さんに自ら考えてもらっています。そこから生まれるリアルな緊迫感、そしてどうやって信頼関係が生まれていくのかをぜひ楽しんでもらいたいです。

そして、主演・山田裕貴さんの、見た目危険な男だけど、ふいに見せる本当の顔とのギャップという繊細なお芝居は、本当に見応えがあり、『とにかくこの人を見ないといけない』と惹きつけられます。さらに赤楚衛二さんの今までの印象とは真逆の力強いお芝居、赤楚さんにしか出せない嘘のない澄んだ目から伝わる思いには現場で見ていても感動します。このお2人の化学反応は必見です」

■番組概要
[タイトル]
金曜ドラマ『ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と』
[放送日時]
毎週金曜よる10時~10時54分
4月21日スタート
※初回は15分拡大

PICK UP