アテネ五輪銀メダリスト・藤丸真世、電撃復帰したアーティスティックスイミングへかける思いとは

公開: 更新: TBS Topics


家庭や仕事を抱えつつ…15年ぶりの競技復帰

2004年 アテネ五輪のアーティスティックスイミング(※シンクロナイズドスイミングより呼称変更。TBS Topics編集部調べ)のチームメンバーとして出場し、銀メダルを獲得した 藤丸真世(ふじまる みちよ)さん。

実はなんと、引退から15年の時を経た現在(※2023年3月放送時)、競技の復帰を目指しているといいます。

アテネ五輪銀メダリスト・藤丸真世さんアテネ五輪銀メダリスト・藤丸真世さん

出場を予定しているのは、2023年8月に開催予定の世界マスターズ水泳。年代別の世界一を争う大会にて、選手として「デュエット」という種目に挑みます。

そのパートナーを務めるのは、ソウル五輪の銅メダリスト・小谷実可子さん。小谷さんにとっても、30年ぶりの競技復帰となるそうです。

小谷実可子さんとデュエットのパートナーを組む小谷実可子さんとデュエットのパートナーを組む

二人には家庭や仕事もあるため、限られた時間で競技の練習をしなくてはなりません。

そろって泳ぐことができないのをカバーするべく、藤丸さんは考えた振付を動画に撮り、小谷さんに送るなどの工夫をしています。

藤丸さんは振付を動画に撮って送るなどの工夫をしている藤丸さんは振付を動画に撮って送るなどの工夫をしている

時には、藤丸さんの勤務先に小谷さんが訪れ、ランチタイムの時間に打ち合わせを行うことも。その場で振付の確認をすることもあります。

練習の割合は「陸が8割で 水が2割ぐらい」とのこと練習の割合は「陸が8割で 水が2割ぐらい」とのこと

ちなみに練習の割合は「陸が8割で 水が2割ぐらい」とのこと。プールで練習できる機会が少なくても、演技の精度を上げられるよう試行錯誤しています。

記録じゃなく、“記憶に残る演技”を

今回の競技復帰において、藤丸さんの原動力の一つになっているのは、パートナーの小谷さんの存在だといいます。

藤丸さんの原動力の一つになっているのは、パートナーの小谷さんの存在藤丸さんの原動力の一つになっているのは、パートナーの小谷さんの存在

日の丸を背負った大先輩でもあり、自分にとって憧れでもあったそうで、イベントでの共演を経てデュエットの結成を誘ったとか。

そんな藤丸さんですが、今回の演技について「私たちだけにしかできない、記録じゃなくて“記憶に残る演技”がしたい」と話しています。

「記録じゃなくて“記憶に残る演技”がしたい」と話している「記録じゃなくて“記憶に残る演技”がしたい」と話している

メダリスト二人の魅力と、技術が詰まった演技を見れる日が楽しみですね。

TBSで毎週土曜日に放送されている『バース・デイ』では、さまざまな“人生に刻まれた 忘れられない大切な一日”に注目し、紹介をしています。

バース・デイ

土曜ごご5:00~

 

PICK UP