セロリがまるごとどーん!原辰徳監督も長年通う「とんかつ」が絶品

公開: 更新: TBS Topics


ここでしか味わえない極上ロースかつ

「とんかつ割烹松村」は、あの読売ジャイアンツ・原辰徳監督も高校時代から40年以上通うという名店。

お店一番人気メニュー「ロースかつ定食」は、かつの上にセロリが1本どーんとのっており、そのビジュアルが目をひきます。

ロースかつ定食ロースかつ定食

脂がのりやわらかい肉質が特徴の、茨城県産豚肉・リブロースを使用。さらに約160℃の低温でじっくり揚げることで、リブロース本来のやわらかさをキープしたジューシーな仕上がりになっています。

辛口のコク深い自家製ソースにつければ、ここでしか味わえない極上のロースかつを堪能できます。

やわらかくジューシーなかつやわらかくジューシーなかつ

付け合わせの新鮮なセロリは、おろし玉ねぎを加えた特製マヨネーズでいただきます。苦みがないどころか口の中がさっぱりとして、かつとの相性も抜群です。

付け合わせのセロリがまたおいしい付け合わせのセロリがまたおいしい

 

長年通いつめるファンも多い、老舗とんかつ店

神奈川県相模原市にある「とんかつ割烹 松村」は、創業64年を誇る老舗(※2023年2月放送時)。原監督をはじめ、長年通いつめるファンも多い人気のお店では、創業当時から変わらない絶品メニューの数々が味わえます。

とんかつ割烹 松村とんかつ割烹 松村

ほかに「豚の角煮」もオススメの一品です。
こちらは、茨城県産豚バラ肉を甘めの醤油ダレで二日間じっくり煮込み、とろっとろに仕上げています。

豚の角煮もおすすめ豚の角煮もおすすめ

肉はとろみがあり、箸を入れるだけでほぐれてしまうほど。醤油が中まで染み込んで、コク深さがたまりません。

TBSで毎週日曜日に放送されている『バナナマンのせっかくグルメ!!』では、このほかにも地元の人がおすすめする名グルメが紹介されています。

お店情報

とんかつ割烹 松村
 神奈川県相模原市南区大野台2-13-19
※新型コロナウイルスの影響など、営業状況については事前にご確認ください

バナナマンのせっかくグルメ!!

毎週日曜よる8:00~

PICK UP