『Get Ready!』松下奈緒インタビュー「オペシーンは試行錯誤しました」

公開: 更新: TBS Topics


TBSで毎週日曜よる9時から放送中の、妻夫木聡主演の日曜劇場『Get Ready!』。法外な報酬と引き換えに、ほかでは見放された患者の命を救う「闇医者チーム」を描く1話完結のダークな医療ドラマだ。今回は「闇医者チーム」のひとり、クイーンこと依田沙姫役を務める松下奈緒にインタビュー。妻夫木演じる波佐間永介(通称:エース)に皮肉も言える間柄で、彼の大胆かつスピーディな執刀にも完璧に対応する凄腕オペナースを演じる松下に、役の印象やドラマのみどころを聞いた。

エースとクィーンのコンビネーションに注目です

――演じる依田沙姫について教えてください。 

自由に言いたいことを言って、やりたいように生きてきたという感じの女性です。人の気持ちは分かるのですが、思ったことをすぐ口に出してしまうし、ちょっと口が悪いところも(笑)。そんな、“瞬発力”のあるセリフも 沙姫らしさだと思うので、下品にならないように加減をしながら演じています。これまで、きっちり、かっちりした役を演じることも多かった私にとっては、とても新鮮な経験です。

妻夫木聡、松下奈緒妻夫木聡、松下奈緒

――凄腕オペナースという役を演じるにあたって、クランクイン前に準備されたことはありますか。

昨年の夏ごろから医療指導を受けていました。最初に教えていただいたのは、器械出し。器械の名称と、その器具をどういう場面で使うのかを覚えるところから始まりました。オペナースは、外科医がスムーズに執刀できるように支える役割なので、指示を聞き違えることなく完璧な器械出しができなくてはいけないんです。しかも沙姫は、エース(執刀医)に言われなくても、必要な器械を出せるくらい“凄腕”という設定です。指示の前にすっと出せるようにするには、どう器械を並べるとスムーズなのか、器具の向きや置く位置なども練習しながら、自分なりのやり方を見つけていきました。 

また実際のオペがどれくらいのスピードで行われているのか、手術動画を見せていただきました。エースの執刀がとにかく速いという設定なので、そのためにはどの程度のテンポで器械出しをすればいいかなど、かなり試行錯誤しました。

オペシーンは今作の見どころのひとつだと思います。エースが何も言わなくても、クイーンがエースに合わせて動く、2人が呼吸を合わせて手術をしていく、という部分は意識して演じています。オペを通して、2人が通じ合っていると感じていただけたらと思います。

松下奈緒松下奈緒

――「闇医者チーム」を演じる共演者の皆さんの印象はいかがでしょうか? 

エース(波佐間栄介)役の妻夫木聡さんは、ほっこりした雰囲気で現場をまとめてくださる座長です。とても安心できるし、居心地がいい現場です。 今作は命を預かる側なので重いシーンが多いのですが、妻夫木さんがいてくださることで、和やかで安定した空気感を作り出せているのだと思います。

ジョーカー(下山田譲)役の藤原竜也さんとの共演は現代劇では初めてです。相変わらず声が素敵だなと思いながらご一緒させていただいています。藤原さんは今回、交渉人という役柄上セリフ量が多いのですが、その長いセリフを淡々と素敵な声で、しかも分かりやすく説得力のある言い回しでお芝居されているので、毎回、かっこいいなあと思いながら見ております。

スペード(白瀬剛人)役の日向亘くんは、今回のドラマ現場での愛されキャラ。ドラマ経験があまりないと伺っていたのですが、一緒に行動するシーンが多いので、日に日に緊張が溶けてきているのが分かりますし、現場を楽しんでいることも伝わってきます。18歳と思えないほどしっかりした役者さんなので、頼りにしながら一緒にいろいろなシーン作っていきたいなと思っています。 

――ドラマはまだまだ始まったばかり。現場の雰囲気や今後の見どころを教えてください。 

これまでとは違う医療ドラマを目指して、スピード感と緊張感のある手術シーンを、頑張って撮影中です。堤(幸彦)監督は、撮影と並行して現場で編集作業も行っていらっしゃって、撮影した翌日には「昨日撮ったやつ、見る?」と声をかけてくださるんです。その時点で「簡単に、だけど」と言いながらも、音楽もつけてくださっているので、作品の世界観やトーンがすごくよく分かるんです。皆さんに見ていただくときには、さらにブラッシュアップされていると思いますが、撮影序盤の段階から、監督やスタッフの皆さんと、共通認識を持って撮影に挑めるということは、わたしの安心材料になっています。

沙姫としては、第1話で、「前職でうまくいかなかった」と意味深なことを語っていましたが、今後、彼女の過去に迫る回もあります。なぜ優秀なクイーンが、エースとともに「闇医者チーム」で活動しているのか。台本をいただく前に監督が、雑談のようにポロっと話していたことが、本当にストーリーに組み込まれていて、衝撃的すぎて、私自身もびっくりしました。ぜひ皆さんも楽しみにしていただきたいです。

■番組概要
〔タイトル〕

日曜劇場『Get Ready!』
〔放送日時〕
毎週日曜よる9時~9時54分
※第2話は15分拡大

PICK UP