いま日本で売れてる「コアラマットレス」。その性能のヒミツに迫る

公開: 更新: TBS Topics


大人気の“ウレタン”マットレスのヒミツ

2015年にオーストラリアで創業した会社「コアラスリープ」。2017年から日本でもビジネス展開をしており、そのメイン商品はマットレスです。

「コアラマットレス」「コアラマットレス」

「コアラマットレス」の最大の特徴が、オールウレタン製であること。

高反発のウレタンと低反発のウレタンのいいとこどりで作られており、柔らかいウレタンに沈んだ身体を硬いウレタンが支えるので、寝返りが打ちやすいそうです。

高反発のウレタンと低反発のウレタンのいいとこどりで作られている高反発のウレタンと低反発のウレタンのいいとこどりで作られている

さらに、スピーディーに揺れる部分を吸収する“速振動吸収性”もあり、マットレスの上で動いてもすぐに眠れるようになっているとか。

その性能は凄まじく、ワインの入ったグラスを置いてマットレスで飛び跳ねても、液体がこぼれることはありません。

マットレスの“速振動吸収性”がすごいマットレスの“速振動吸収性”がすごい

これは、内部に振動吸収用のウレタンが入っているほか、一番下のウレタンには縦方向に細かく切れ目が入っているため振動が他の場所に伝わりづらいそうです。

マットレス内部に工夫がマットレス内部に工夫が

ちなみに従来の市販ウレタンマットレスには、低反発で柔らかいものの、体が沈みすぎて寝返りが打ちづらいという問題があったとか。それもあってか、これまでの一般的なマットレスの種類には、スプリングタイプや樹脂タイプが多い傾向にありました。

オールウレタンであることを活かした工夫

そんなコアラマットレスですが、オールウレタンにすることで、マットレスビジネスの弱点を解決したといいます。それは、売買の際の運搬問題に関することです。

コアラマットレスは、ウレタンであることを活かして空気を極限まで抜いて圧縮し、宅配が可能なサイズに縮めることが可能です。

ウレタンであることを活かし、マットレスビジネスの弱点を解決ウレタンであることを活かし、マットレスビジネスの弱点を解決

こうした点は、海外の工場で製造したものを日本へ輸送する際の、大幅なコスト削減にもつながっているそうです。

今後は、家が狭い日本人をターゲットにしたソファベッドの販売をしていく予定とのこと。今後もますます、がっちり伸びていきそうな予感がする会社です。

今後は、日本人をターゲットにソファベッドの販売をしていく予定今後は、日本人をターゲットにソファベッドの販売をしていく予定

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

 

PICK UP