“ネクスト大谷翔平”として注目される矢澤宏太 選手。二刀流でプロを目指す姿に密着

公開: 更新: TBS Topics


左投左打・二刀流と、家族にかける思い

いま、“ネクスト大谷翔平”として注目されている選手がいます。それは、現在 日本体育大学に在籍(※2022年10月放送時)する矢澤宏太選手です。

“ネクスト大谷翔平”、矢澤宏太 選手“ネクスト大谷翔平”、矢澤宏太 選手

左投左打で、投手・野手どちらとしても大学トップクラスの実力を持つ“二刀流”の選手です。

投手としては、最速152キロのストレートをはじめ、キレのあるスライダー、そしてストレートに勝るスピードで変化するツーシームを繰り出します。

投手・野手どちらとしても大学トップクラスの実力を持つ“二刀流”の選手投手・野手どちらとしても大学トップクラスの実力を持つ“二刀流”の選手

ツーシームは、大谷翔平選手も使う変化球の一つ。矢澤選手いわく「新しいものをどんどん取り入れていくことが大事」とのことで、プロ入り以降のことも見込んで取り入れた意図があるそう。

野手としては、一振りで試合を決める長打力に加え、50mを5秒8で駆ける俊足も強み。その高い能力に、日本ハムやヤクルトなどの球団は高評価を寄せています。

高い能力を、日本ハムやヤクルトなどの球団は高評価高い能力を、日本ハムやヤクルトなどの球団は高評価

二刀流でドラフト1位を目指す矢澤選手ですが、その意気込みを「ドラフト1位という結果で、家族に恩返ししたい」と語ります。

「ドラフト1位という結果で、家族に恩返ししたい」と意気込み「ドラフト1位という結果で、家族に恩返ししたい」と意気込み

実は2018年に、夢を後押ししてくれた父を亡くしている矢澤選手。「(プロ入りを果たしたら)ありがとうって言いたい」とも話しており、家族全員で目指した夢に向かって邁進しています。

家族に感謝を伝えたいと話す矢澤選手家族に感謝を伝えたいと話す矢澤選手

ちなみにプロ野球入り後の意識として、矢澤選手は「佐々木朗希くんのストレートは打席に立ってみたい。(164キロの球速は)どのくらいなのか気になる」とコメントしています。ドラフトの結果はもちろん、今後の活躍にもさらに注目ですね。

プロ野球入り後の意識プロ野球入り後の意識

TBSで毎週土曜日に放送されている『バース・デイ』では、さまざまな“人生に刻まれた 忘れられない大切な一日”に注目し、紹介をしています。

バース・デイ

土曜ごご5:00~

 

PICK UP