「DigiCon6 JAPAN Awards」最優秀作品は金子 勲矩さん作「Magnified City」に決定

公開: 更新: TBS Topics


日本のオリジナル短編映像の今を映すコンテスト「DigiCon6 JAPAN Awards」の授賞式が10月15日(土)、東京・恵比寿の東京都写真美術館ホールで行われた。最優秀作品となるGoldは、金子勲矩(カネコ・イサク)さん(28)作の「Magnified City」に決定。また、18歳以下対象のYouth部門のGoldには、秋山姫乃(アキヤマ・ヒメノ)さん(17)ほか4名が共同制作した「死と食」、今回から新設したTBSアニメーション賞には、OBIKYU(オビキュー)作の「黒猫は路地をゆく」に決定した。
「Magnified City」は、“虫眼鏡人間”が遭遇したある夜の物語を独特なタッチで描くファンタジー。作者の金子さんは、2020年の「DigiCon6 JAPAN Awards」でも「The Balloon Catcher」でGoldを受賞しており、審査員を務めた映画監督の樋口真嗣さんも「これは映画を作っている人間の話ではないか。作った先に観客がいないという悲しい作品だ。見せたいという気持ちを悲しい物語にしていると俺は感じた」と映画人としての気持ちに寄せて感想を語った。
金子さんは、「作品はコロナの中で考えたもの。その時の気持ちが反映しているのかと思う」と振り返り、受賞の喜びを語った。

今回の作品応募数は、過去最多となる458点。また、応募者年齢は10歳~78歳だった。山田亜樹フェスティバルディレクターは、「実写もアニメも表現の幅が広がり、Youth部門では毎回応募してくれる若者がめきめき腕を上げ、コンテストを主催する喜びもいただきました」と語った。

JAPAN Awardsで決定したGold、Silver、Next Generation作品は、11月19日(土)に東京・丸ビルホールで開催予定の「DigiCon6 ASIA Awards」に日本を代表する作品としてエントリーされ、アジアの他の参加地域の作品とアジアNo.1を競う。

「DigiCon6 ASIA」は、プロアマ、年齢問わず15分以内で自由に制作した映像を募集し、厳正な審査の上表彰する。2006年からはアジアの参加を呼びかけ、今年は日本の他に、イラン、インド、インドネシア、韓国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、台湾、中国、バングラデシュ、香港、マレーシア、モンゴル、ラオス(※50音順)で実施。2万人を超えるDigiCon6出身のクリエイターがアジア各地のさまざまなコンテンツ制作現場で活躍している。

Gold受賞の金子 勲矩さん(右)と審査員の樋口 真嗣さん(左)Gold受賞の金子 勲矩さん(右)と審査員の樋口 真嗣さん(左)

Gold受賞の金子 勲矩さん(右)と審査員の樋口 真嗣さん(左)

Youth Gold受賞の秋山 姫乃さん(右)と審査員の大童 澄瞳さん(左)Youth Gold受賞の秋山 姫乃さん(右)と審査員の大童 澄瞳さん(左)

Youth Gold受賞の秋山 姫乃さん(右)と審査員の大童 澄瞳さん(左)

2022 DigiCon6 JAPAN 受賞作品一覧

2022 DigiCon6 JAPAN 受賞作品一覧2022 DigiCon6 JAPAN 受賞作品一覧

DigiCon6 ASIA関連情報

[公式サイト]  http://www.tbs.co.jp/digicon/
[公式Facebook]https://www.facebook.com/digicon6/
[公式YouTube]https://www.youtube.com/user/tbsdigicon6

PICK UP