本田翼主演『君の花になる』ポスター撮影は太陽との戦い⁉

公開: 更新: TBS Topics


TBSで10月18日(火)からスタートする本田翼主演の火曜ドラマ『君の花になる』。ひょんなことから崖っぷち7人組ボーイズグループ〝8LOOM“の寮母になる元高校教師の主人公・仲町あす花が、彼らと共に“トップアーティストになる”という夢に向かって奮闘する姿を描いた作品だ。

解禁されたポスタービジュアルには、本田演じるあす花と8LOOMが勢ぞろい。8LOOMのメンバーはオーディションで選ばれた高橋文哉宮世琉弥綱啓永八村倫太郎森愁斗NOA山下幸輝の7人だ。
今回は花びらが舞う中、夕陽をバックに撮られた幻想的なポスタービジュアルの撮影の様子を紹介!

撮影現場に早めに入っていた8LOOMメンバーは、昨年10月に行われたオーディション以来、活動を共にしてきたこともあり、全員和気あいあいとしている。綱と八村がダンスの練習をしていると、高橋や宮世も混じり、息の合ったダンスを披露した。またNOAが「写真撮るよ~!」と携帯を手にすると、森や山下らが「俺も」「俺も」と入り、最終的に7人でパシャリ。

そんな中、本田が「おはようございます!」と元気いっぱいに登場。7人を見つけると、カメラマンとなって楽しそうに写真を撮ったりと和やかな雰囲気。

撮影の時間になるが、夕陽をバックにした撮影のため、本番の時間はほんのわずかだ。カメラマンが「太陽と勝負です」と告げると、全員が気合を入れる。

屋上にセッティングされた1.5メートルもの高さがある足場に立ち、スタッフが花びらを散らす中、全員が希望に溢れた表情を浮かべて撮影。花びらをまくタイミングが難しいこともあり、繰り返し行われたが、本田は最高の笑顔を見せるべく、おなかに手を当てて深呼吸しながら撮影に臨む場面もあった。

待ち時間には、撮影で使われた花びらを鼻に乗せたりと、お茶目な姿を見せた本田。八村や森も、そんな本田の真似をして花びらを鼻の上に乗せ、いたずらっ子のように楽しんでいた。

撮影が再開したのは、日が沈みかけて暗くなる寸前。本田たちも気合いを入れ直して、もう一度カメラの前に立ったが、これがラストチャンス。シャッターが切られて全員の表情が決まった瞬間、プロデューサーは「すごくいい!」と言って太鼓判を押した。

その後、記念撮影をすると、ホッとしたのか全員が和やかな笑顔に。カメラマンが「一番いい表情だったかも(笑)」とツッコミを入れる場面もありつつ、撮影は無事終了した。

撮影後、自ら花びらを撒きながら携帯で写真を撮ったりと最後の最後までポスター撮影を楽しんでいた本田と8LOOMメンバー。花びらのみの撮影をする際に、落ちていた花びらをスタッフたちが拾っていると、みんなで手伝って花びらを回収する場面も。

撮影では率先して現場の空気を作り、8LOOMメンバーを引っ張っていた本田。最後まで疲れを見せることなく元気よく「お疲れ様でした!!」と声をかけると、メンバーたちも「お疲れ様でした!!」と元気いっぱいに挨拶をして、この日の撮影は幕を閉じた。

本田と8LOOM演じるメンバーたちは和気あいあいとした様子を現場で見せてくれたが、本編では本田演じるあす花は、8LOOMとの一筋縄ではいかない共同生活を送ることに。劇中では、どんな関係を見せてくれるのか、期待が高まる!

■番組概要
[タイトル]

火曜ドラマ『君の花になる』
[放送日時]
10月18日スタート
毎週火曜よる10:00~10:57
※初回は15分拡大

PICK UP