「レンコン」にある工夫をして1億円以上の売上げ達成した農家さんがスゴイ

公開: 更新: TBS Topics


出荷方法を工夫したことで億超え達成!?

レンコンに“ある工夫”をして1億円以上の売上げを出しているという、農家の山口さん。

その工夫とは、“レンコンをカットして真空パックに袋詰めにする”というものです。

レンコンをカットして真空パックに袋詰めレンコンをカットして真空パックに袋詰め

一見すると単純に思えますが、実はとても革命的な試みです。

一般的なレンコンは、カットをするとすぐに酸化が始まり変色してしまうため、大きく手を加えず出荷されます。また、カット後すみやかに真空パックへ閉じ込めたとしても、レンコンから発生するガスでパックが膨張してしまうという特徴があります。

通常、出荷の際にカットや真空パックをするのは難しい通常、出荷の際にカットや真空パックをするのは難しい

対して山口さんのレンコンは、企業秘密の工程を加えることによって、カットしてから真空パックに詰めても膨張しない工夫がされています。

また、傷などの問題からB品とされていたレンコンも、カットと真空パックをすることでA品として出荷できるようになるとか。

B品をA品にして出荷できるB品をA品にして出荷できる

これは、元々の数珠つなぎの状態のレンコンではできないこと。こうした工夫によって億を超える売上げを達成したそうです。

仕入れたスーパーにもメリットが

そんな革命的なレンコンにメリットを感じているのが、スーパー。前述した特徴から、これまでスーパーなどに並んでいるレンコンは、店員さんの手によってカットやラップがされていました。

これまではスーパーの工程が多かったこれまではスーパーの工程が多かった

しかし真空パックされたレンコンなら、そうした工程は不要で、そのまま店頭に並べるだけです。準備の手間がなくなることから、人件費の削減にもつながります。

山口さんのレンコンなら、店頭に並べるだけ山口さんのレンコンなら、店頭に並べるだけ

3年間の試行錯誤の末、この革命的な出荷方法にたどり着いたという山口さん。このスタイルのレンコンの需要は、今後もますます増えていきそうな気がしますね。

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

 

PICK UP