人気ラーメン店「二階堂」の夏季限定麺を堪能

公開: 更新: TBS Topics


夏しか食べられない、こだわり麵たち

人気ラーメン店「二階堂」でいただける、夏季限定の冷たい麺2品をご紹介します。

① 父の味を引き継ぐ、王道の冷やし中華

どこか懐かしい雰囲気を感じる「冷やし中華」は、かつて店主の父が営んでいた町中華の味を引き継いだ、王道の冷やし中華。産地にこだわった全9種ものトッピングがのっています。

王道の「冷やし中華」王道の「冷やし中華」

「つゆ」のレシピは、約30年変わらず受け継がれているもの。
暑い夏にさっぱり食べられるよう、島根県産生醤油・黒酢のほか、隠し味にレモン汁をプラス。酸味あるスープが食欲をそそります。

30年以上受け継がれている「つゆ」30年以上受け継がれている「つゆ」

特注の中太麵は、北海道産小麦「きたほなみ」を100%使い、香り高くコシが強いのが特徴。喉越し良く、ツルッといただけます。

「ごまダレ」で味変も楽しめる「ごまダレ」で味変も楽しめる

また、店主の新たな試みとして、練りごまダレを入れて“味変”も。まるでピーナッツバターのような、ごまの濃厚な味わいを楽しめます。

② 構想2年のこだわり、冷やしラーメン

同じく夏季限定で食べられるのが、「冷やし温玉イリコそば」。スープは氷水でキンキンに冷やして提供されます。

味の決め手は、およそ2年間研究を重ねてたどり着いたという、香川県伊吹島産のイリコを使った特製出汁。
火入れ前になんと10時間以上も水に浸け、イリコのうまみや風味を最大限に引き出しています。

スープは、イリコの香りが鼻からフワッと抜け、深みある出汁の味が口のなかに染み渡る衝撃の美味しさ。清涼感ある見た目とのギャップに驚きです。

「きたほなみ」を使用した特注の細麺は、弾力とコシが抜群。また、トッピングの鶏・豚チャーシューは自家製です。

さらにトッピングの温玉を出汁と合わせると、ぶっかけうどんのような味わいに。さっぱりから、まろやかへと味の変化を楽しめます。

30年以上愛された父の町中華から、ラーメン店へ

東京・九段下にある「二階堂」は、30年以上愛された町中華の系譜を継ぐラーメン店。

お店には、今でも父の時代からの常連客が訪れるといいます。実は一時提供をやめていたという「冷やし中華」は、ずっと通うお客さんからのリクエストを受けて復活したそう。

ほかにも、地鶏を使った「わんたん麺」などの人気メニューが揃っています。

毎週土曜日に放送されている『王様のブランチ』では、このほかにも最新のスイーツやグルメなどが紹介されています。

お店情報

二階堂
千代田区九段北1-9-14 
※新型コロナウイルスの影響など、営業状況については事前にご確認ください

王様のブランチ

土曜あさ9:30~

 

PICK UP