さだまさしはマスコット的存在?『石子と羽男』インタビュー

公開: 更新: TBS Topics


TBSで放送中の有村架純中村倫也W主演の金曜ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』。4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石田硝子/通称“石子”(有村)と1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男/通称“羽男”(中村)が、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンタテインメントだ。今回は石子の父親で潮法律事務所の所長・潮綿郎を演じるさだまさしをインタビュー。連続ドラマ初出演の心境や、共演する有村と中村、おいでやす小田の印象などを聞いた。

皆さんのおかげで楽な気持ちで現場に入れています

――オファーが来た時の感想をお願いします。

連続ドラマに出演させていただくのは初めてなのですが、「主題歌じゃないのかいっ!」と思いました(笑)。セリフを覚えられないと思ったので、プロデューサーさんと監督さんには「(セリフは)2行までにしてください」と懸命にお願いしました(笑)。

――綿郎の役の印象はいかがでしょうか?

町のほんのちょっとした悩みや苦情、訴訟をどうにか人情でもって解決しようとする小さな弁護士事務所の所長で、落語に出てくる人のいい大家さんみたいな役柄なのかなと思います。

少しポヤっとしていて、作品のマスコット的存在といいますか、メインで話を動かすわけではないけれど、この人が出てこないと作品がまとまらないのかなと。とても重要なお役を頂戴しました。

さだまさしさだまさし

――実際に現場に入ってみていかがでしょうか?

皆さん本当にプロの方々ばかりなので、足を引っ張らないように、「このペースでいいのかな?」と考えながらやっています。分からないことがあるとすぐ聞いてしまうのですが、皆さん親切に教えて下さるのでありがたいです。あまりプレッシャーもかけられないですし、楽な気持ちで現場に入ることができています。

――有村架純さん、中村倫也さんと共演した感想を教えてください。

有村さんは役としては、綿郎と溝がある娘なのですが、ご本人は優しくてすばらしい方です。こんな娘がいてくれたらなと思います。中村さんは役のイメージとは違って、ピュアですごくいい奴です。僕は役作りについて、「このままでいいですよ」と言われたので、何もしていないのですが、お2人には役を演じるという役者の覚悟を見せてもらっています。

――一緒のシーンが多いおいでやす小田さんの印象はいかがでしょうか?

僕の番組にゲストで来ていただいたこともあるのですが、その時から面白い方だなと思っていました。すごく真面目な方ですが、芸人さんで笑いの勘が優れているので、芝居中にボケたら拾ってくれるし、僕も小田さんがボケたら拾っています。僕と小田さんの役はマスコットキャラクター的な存在なのかなと思います(笑)。

――最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。

日々飛び込んでくるニュースに心を痛める毎日ですが、このドラマは日常の中のちょっとしたトラブルを取り上げていて、「こういう方法で解決できるんだ」というのも分かるので勉強になりますし、少しホっとしていただけるような作品になっています。
今時のトラブルを石子と羽男がどう解決していくのか、そして綿郎が2人をどう見守っていくのか、楽しみしていただければと思います。

■番組概要
〔タイトル〕

金曜ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』
〔放送日時〕
毎週金曜よる10時~10時54分

PICK UP