有村架純&中村倫也お互いのセリフの覚え方を称賛!?『石子と羽男』制作発表会見レポート!

公開: 更新: TBS Topics


TBSで7月8日(金)よる10時から、有村架純中村倫也がW主演を務める金曜ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』がスタートする。本作は、4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石田硝子/通称・石子(有村架純)と、1回で司法試験予備試験と司法試験に合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男/通称・羽男(中村倫也)の“石羽コンビ”が、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む異色のリーガル・エンターテインメントだ。

今回は有村架純、中村倫也、赤楚衛二おいでやす小田さだまさしが登壇した制作発表会見の様子をお届けする。

司会進行初挑戦のおいです小田が出演者にイジられまくる!?

司会を務めたのは石子に恋する蕎麦屋の店主・塩崎啓介を演じるおいでやす小田。「誰に頼んでんじゃい!」と冒頭から突っ込むなど気合いは十分な様子。

有村架純有村架純

通称・石子役の有村は、「この作品は、中村さん演じる羽男さんと石子が掛け合いしながら、お互い抱えているコンプレックスとどう向き合って、出会う方々に影響されながら成長していく物語です。明るい現場でとっても楽しいです」とコメント。

セリフをギリギリで覚えるという中村からは、有村が現場で来週再来週分の台本をチェックして書き込んで覚えていると明かされた。「朝ドラを経験したときに、月曜日にリハーサルがあるので、その月曜日のために1週間分の台本をチェックするのですが、それはどの作品にも活用できることに気付いて。それをすれば少しだけ余裕ができるんです」と説明。

さらに「私はお仕事ドラマが初めてなので台本の読み込み方に苦戦していて。そんな中、中村さんは読んで覚える日数が少ないのにセリフの言い方などのアイデアがすごく出てくるので、一緒にいてすごいなといつも思います」と感心する場面もあった。

中村倫也中村倫也

通称・羽男役の中村は、「いろんなコンプレックスや葛藤があって、一生懸命天才ぶって弁護士をやろうとしているのですが、すぐボロが出てしまう。そういうところを突っ込まれながらすったもんだしながら未来に向かっていく役どころです」とあいさつ。さらに「今日は小田さんMCなので(記者の)皆さん、見出しを書くときは『爆笑!制作発表』でお願いします」と茶目っ気たっぷりに話し、小田が「嘘になるのでやめてください!」と慌てる場面もあった。

また、別のトークで小田から「食べながら話すシーンはどうやったらいいのか?」と質問されると、「僕は出たとこ勝負です。リアルに食べ進めながら話すのが自然だと思って気にせずやっています。人によっては自分の話すタイミングをちゃんと考えながらやっていく人もいます」と真剣にアドバイスを。赤楚が「本当に全部食べたいなと思って食べてセリフが詰まってしまう」と話すと、赤楚が予想もしなかった芝居をすることがあるという話に。中村は「ファンタジスタです。だから彼といるときはいつでもアドリブを突っ込めるようにしています。そっちのほうが面白くなるから楽しいですよ」と語った。

赤楚衛二赤楚衛二

第1話の依頼人・大庭蒼生役の赤楚衛二は「中古車販売店で働いている社会人なのですが、カフェで携帯を充電していたら訴えられたという役どころで依頼人になります。これ以上のことは話せないのでお楽しみに」とコメント。

すると小田が「会見の前に楽屋でみんなで座っていたときに、スタッフさんが『記者会見の席に各々マイクを置いています』と言ったら赤楚くんが急に立ち上がって。(会見会場ではないし)マイクがあるかどうかは座った感覚でわかるでしょ!」と赤楚のお茶目なエピソードを披露。赤楚は「浅めに座ってたので、もしかしたら俺やってるかな?みたいな(笑)」と恥ずかしそうにする場面もあった。

おいでやす小田おいでやす小田

キャスト陣にイジられながらも司会をしていた塩崎啓介役の小田は「すごい方々とドラマでご一緒させていただくことになりました。綿郎先生のお友達みたいな役割でコメディよりのパートです。石子ちゃんに片思いしているけど、全然振り向いてもらえない役です。撮影では石子さんはツンケンしたお芝居をやられてて、監督さんが有村さんに『ちょっと冷たすぎます』と言われていて、有村さんの地が出てるのかなと。ちょっとショックでした」と悲しいエピソードを明かした。

すると、有村が「そんな!石子としてお芝居しています」と返す場面も。さらに「塩崎さん、本当にチャーミングですよ。隠れヒロインだと思ってますから(中村)」「いい感じで味があるよ。素晴らしいね(さだ)」と立て続けに称賛され、最後に有村に「かわいいですね。小田さんファンも増えるんじゃないかな」と言われると、「増えるかー!」といつもの大声を出してしまった小田。「ごめんなさい。こういうやつなんです、僕」と反省していた。

さだまさしさだまさし

石子の父親で潮法律事務所の所長・潮綿郎役のさだまさしは、「良い人情ドラマなんですよね。一人一人がコンプレックスを抱えながらも一生懸命頑張っています。石子のパパ役なので、知り合いの有村さんファンから『ふざけんなよー』と言われました(笑)」と。

連続ドラマ初出演だが、「小田くんとの掛け合いが楽しいですし、すごく楽です。何してもどうにかしてくるので」と感想を。現在、全国ツアーの最中だが、ロケ先でも練習しなければいけなくなったそうで、「ツアー初日の前に、一回も弾いていないギターの曲があったので、セリフ覚えている脇でギター弾いたらイラっとするだろうなと思いながら、みんながいる楽屋でコソコソ練習していたんです。そうしたら中村くんが『最高の現場っすね』と言ってくれて」と振り返った。「一生この部屋にいたいと思いました(中村)」「とんでもなく優雅な時間でしたよ(小田)」「時間の流れが変わりましたよね(有村)」とさだを絶賛。残念ながらその場にいなかったは赤楚が「ぜひスタジオでも」とお願いすると、「言ってくれればいつでも行くよ!」と気さくに答えていた。

最後に1話の見どころを聞くと、小田は「法律はもっと硬くて遠い存在で自分の人生に関係ないと思っていましたが、第1話を見て価値観が変わりました」と。さだも「それは日本人全体の感覚だと思う。弱い人が自分の身を守るために自分に危害を加える人を訴えるということが、もっと身近にあることをこのドラマで教えてもらいました」とコメント。
赤楚は「スピード感があるドラマです。ずっと引き込まれていて、目が離せない展開です」。有村は「音楽が臨場感のある、踊るような音楽ですし、ロケの景色とか画替わりがたくさんあって、見ていて楽しいドラマです」と。中村は「展開が二転三転していって、しかも予想がつかない。バディもの、お仕事もの、人情もの、法律ものなどいろいろな側面があっていい意味でカオスです。第1話は携帯の充電がテーマですが、出てくるテーマがタイムリーですし、見どころが多い見るべき作品だと思います」と語った。

この会見の様子はTBS公式YouTubeでも配信予定。さらに放送日当日の7月8日(金)には、有村と中村がSNSのライブ配信に登場し、2人がドラマの見どころや撮影裏話についてトークを展開する。詳細はドラマ公式SNSで発表する予定だ。

■番組概要
〔タイトル〕

金曜ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』
〔放送日時〕
毎週金曜よる10時~10時54分
※初回は15分拡大
〔公式Twitter〕@ishihane_tbs
〔公式Instagram〕@ishiko.to.haneo_tbs

PICK UP