カップ麺を日本で一番購入している都市は、「新潟市」だって知ってた?

公開: 更新: TBS Topics


日本で最もカップ麺を買う「新潟市」。その理由とは

意外に感じるかもしれませんが、カップ麺の年間支出金額が日本で最も高いのは「新潟市」だといいます(※出典 総務省統計局「家計調査2021」)

カップ麺の年間支出金額が日本で最も高いのは「新潟市」カップ麺の年間支出金額が日本で最も高いのは「新潟市」

これには新潟県が“日本有数の豪雪地帯”であることに関係があり、雪が降ると外出が難しくなるため、保存用としてカップ麺が売れるのでは?と考えられています。

実際に、地元のスーパーの担当者いわく「雪の予報が出ると(お客さんがその前日などに)カップ麺を買い込む」と話します。

雪の予報が出るとお客さんがカップ麺を買い込むらしい雪の予報が出るとお客さんがカップ麺を買い込むらしい

ちなみに、カップ麺を製造する大手の会社「日清食品ホールディングス」からも「カップヌードルの購入金額が日本一なのが新潟県」という意見があります(※2020年度日清食品調べ)。雪深い冬が、新潟にカップ麺を定着させた…ということなのかもしれません。

新潟市には、さらにラーメンに関する1位が…

実は、カップ麺のみならず、“一世帯あたりのラーメン店に使う支出金額”も日本一だという「新潟市」(※出典 総務省統計局「家計調査2021」)。福岡や札幌のように地域の特徴があるものは見当たらないものの、お店でラーメンの種類は多いといいます。

種類が豊富な新潟のラーメン種類が豊富な新潟のラーメン

新潟の人々は、田植えや稲刈り・雪の屋根下ろしなども含め、家族総出で働くことが多く、“家族みんなで食べられるもの”としてラーメンが人気になっていったと考えられています。

このことから、種類が少ないと飽きられてしまうため品揃えは豊富になり、家族向けとして“小上がりの座敷”が用意されているお店も少なくないとか。なかには、家族ですぐ行けるよう、住宅街に作られている店舗も存在しています。

住宅街に作られている店舗も存在住宅街に作られている店舗も存在

また、仕事の合間に近場でサッと食べられて、体も温まる食べ物としても、ラーメンはうってつけです。

そんな新潟のラーメンを支える会社の一つが「株式会社めんつう」。こちらは、全国で約2000軒・新潟県内だと約700軒のお店と取引をしている製麺会社です。

「株式会社めんつう」「株式会社めんつう」

新潟のラーメン店は殆どが個人店でメニューの種類も豊富であることから、製麺の際は手作業でそれぞれ生地の配合を変えているとのこと。

その年間売上げは約18億円だという「株式会社めんつう」。新潟のラーメン文化とともに、まだまだ成長を続けていきそうです。

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

 

PICK UP