司馬遼太郎も訪れた、江戸時代から続く老舗店の超絶品うなぎ

公開: 更新: TBS Topics


ふっくらトロトロ、何度でも食べたくなる美味しさ

老舗うなぎ店「うなぎ 桜家」は、司馬遼太郎さんも訪れたことがある名店。店内には、司馬さん直筆の色紙も飾られています。

炭火でじっくり焼き上げられた「うなぎ重箱(1匹)※肝吸い付き」は、何度でも食べたくなる美味しさです。

うなぎ重箱うなぎ重箱

まずはタレなしで、その後お好みでタレをかけて食べることをオススメ。ふっくらとしたうなぎは、口の中に入れた途端とろけてしまうほどのやわらかさです。

ふっくらした身は口に入れるとすぐとけてしまうふっくらした身は口に入れるとすぐとけてしまう

静岡県吉田産のうなぎは富士山の伏流水で3~4日泳がせ、生臭さや泥臭さを消しているそう。うなぎの美味しさが全面に押し出されており、まさに絶品です。

江戸時代から続く名店

“(静岡県)三島のうなぎ”といえば必ず名前が挙がる、名店の「うなぎ 桜家」。

うなぎ 桜家うなぎ 桜家

創業は1856年(安政3年)の老舗で、160年以上継ぎ足された秘伝のタレが香ばしく、さらに食欲をそそります。

160年以上継ぎ足された秘伝のタレ160年以上継ぎ足された秘伝のタレ

江戸時代から続くその味、一度確かめてみたいですね!

TBSで毎週土曜日に放送されている『王様のブランチ』では、このほかにも最新のスイーツやグルメなどが紹介されています。

お店情報

うなぎ 桜家
静岡県三島市広小路町13-2 

※新型コロナウイルスの影響など、営業状況については事前にご確認ください

王様のブランチ

土曜あさ9:30~

 

PICK UP