“レーンにしか流れないお寿司”がある?知ってるとおトクな「スシロー」のヒミツ3選

公開: 更新: TBS Topics


① “レーンのみのネタ”や“コラボ寿司”がある?

1. レーンにしか流れないお寿司とは

実は「スシロー」には、“レーンにしかないネタ”がいくつか存在します。

その一つが、「はまちの腹身」。タッチパネルにも「はまち」はありますが、こちらは背中の身を使ったものだそうです。

“レーンにしかないネタ”「はまちの腹身」“レーンにしかないネタ”「はまちの腹身」

とれる量が少ない希少な部位であり、タッチパネルに載せると早々になくなってしまうため、いろいろな人に食べてもらえるようランダムにレーンへ流しているとのこと。

同様に、「たいの腹身」もレーンにのみで提供されるお寿司。鯛独特の上品な脂が楽しめます。

“レーンにしかないネタ”「たいの腹身」“レーンにしかないネタ”「たいの腹身」

 

2. 超人気店とのコラボも

スシローでは、東京・吉祥寺にある超人気の肉料理専門店「肉山」とコラボも行っています。

約3か月の月日をかけて開発したというのが、「禁断の肉バーガー」(※2022年4月20日発売開始予定)

超人気のお肉専門店「肉山」とコラボ超人気のお肉専門店「肉山」とコラボ

あえて粗目にひいた牛肉・豚肉の食感を存分に楽しんでもらうため、ハンバーグでしゃりを挟んでいます。

さっぱりしたデミグラスソースが肉の粒感をより引き立ててくれる一品で、肉山の店主も「求めてた肉々しさが出ている、望み通りのハンバーグ」と太鼓判を押しています。

② オススメの“時間帯”と“曜日”がある

スシローには、“一番美味しくお寿司が食べられる時間帯”があるといいます。それは、オープン直後の“午前中”だそう。

オープン直後には、仕入れ立ての新鮮なネタが提供されているといい、なかでも朝に生の状態で納品される「はまち」や「たい」は歯ごたえがプリップリ。一日のうちで一番鮮度が良いものが食べられるそうです。

“一番美味しくお寿司が食べられる時間帯”は、午前中“一番美味しくお寿司が食べられる時間帯”は、午前中

ネタだけではなく、炊きたてのものを味わえるという点から、しゃりも一番美味しいのは午前中とのこと(※仕込みはどの時間でも行っています)

また、お店にいくオススメの曜日は水曜日だとか。
スシローでは月2回ほど期間限定フェアを行っており、その多くが水曜日に始まります。このことから、運がよければ新旧フェア両方を楽しめるときがあるそうです。

お店にいくオススメの曜日は水曜日お店にいくオススメの曜日は水曜日

 

③ 行列を回避して入店できる、おトクな方法が

スシローにスムーズに入店する、おトクな方法もあります。

その方法とは、スシローのアプリから「今から行く」を選択して予約をするというもの。

スシローのアプリから「今から行く」を選択して予約をするとおトクスシローのアプリから「今から行く」を選択して予約をするとおトク

時間を指定する「後から行く」と違って、「今から行く」を選択して予約すると、その時点から店頭で並んでいることになるそう。

アプリには“現在の待ち時間”も表示されていて、たとえば約30分の待ち時間がある状態で午後3時に予約をした場合であれば、午後3時30分を目安にお店に行けば大行列を回避できるといいます。

30分前と10分前にスマートフォンへ通知が行く30分前と10分前にスマートフォンへ通知が行く

さらに予約後は、30分前と10分前にスマートフォンへ通知が行くようになっているとのこと。予約した時間まで、ちょっとしたお買い物などで時間をつぶすこともできそうですね。

TBSで土曜よる8時から放送されている『ジョブチューン』は、このほかにも様々な職業のプロフェッショナルが、職業のヒミツをぶっちゃけています。

ジョブチューン

土曜よる8:00~

 

PICK UP