油・水・フタいらずの焼くだけで簡単に作れる「羽根つき冷凍餃子」

公開: 更新: TBS Topics


画期的で美味しい!大阪王将の冷凍餃子

外食チェーン・大阪王将の「冷凍餃子」は、フライパンに直接並べて焼くだけで、羽根つき餃子が簡単に焼き上がる冷凍食品です。

大阪王将の「冷凍餃子」大阪王将の「冷凍餃子」

一般的な冷凍餃子は調理時に油や水、フライパンのフタが必要ですが、大阪王将の冷凍餃子はそのどれもが不要。業界初の超画期的な商品です。

並べて焼くだけで羽根つき餃子に並べて焼くだけで羽根つき餃子に

並べて焼くだけで羽根つき餃子ができる秘密は、餃子の底の部分についている“白い塊”。 この部分に“油・水・羽根の素となる成分”が含まれており、ただ焼くだけで美味しい羽根つき餃子が作れます。

底の部分についている白い塊底の部分についている白い塊

購入したお客さんからも「手間のかかる1つ1つが全部省けて、しかも美味しい」と好評です。

ユニークなアイデアで売上げ100億円超に

そもそもフタなしで焼ける冷凍餃子の誕生は、「フタを持っていない」という男性社員の言葉を開発チームが聞いたことがきっかけ。「それなら、フタがいらない餃子を作れば良いのでは?」と思い立ったそうです。

ほかにも同チームでは、餡にタン塩を入れ、胡椒入りレモン果汁のタレでいただく「タン塩餃子」を開発しました(※現在販売中)

新商品のタン塩餃子新商品のタン塩餃子

開発チームには、あえて中華の経験がなく、経歴もバラバラな人材が所属。先入観やチーム内の上下関係が生じず、自由で活発なアイデアが出るそう。その結果、ユニークな商品を続々と生み出しています。

開発チームは経歴がバラバラな人材が集結開発チームは経歴がバラバラな人材が集結

大阪王将は、外食チェーンとしては画期的な冷凍餃子を1993年に発売開始。その後は新商品を発売するごとに売上げが右肩上がりに伸び、現在では100億円を超えています(※2022年3月放送時)
大手食品メーカーがひしめく冷凍餃子市場での売上げは第2位・販売シェアは約3分の1と絶好調です(※出典:インテージ SCIデータ 2021年3月~2022年1月)

TBSで毎週日曜日に放送されている『がっちりマンデー‼』では、このほかにもさまざまな企業や業界など経済に関する情報が紹介されています。

 

PICK UP