【餃子の王将】超一流料理人も合格を出した人気メニューベスト5

公開: 更新: TBS Topics


「餃子の王将」の従業員が選んだイチ押しメニューの中から、超一流中華料理人たちも合格を出したベスト5をご紹介します。

① 「餃子」

全メニューの中で、売上トップを誇る「餃子」。創業以来味を守り通しながらも、より美味しくなるよう改良が重ねられた看板商品です。

売上トップを誇る「餃子」売上トップを誇る「餃子」

餡には、国産豚肉と青森県産のニンニク、さらにカットサイズや脱水加減を毎日調整したキャベツを使用。皮には北海道産小麦を使い、食べた時の食感にこだわっています。

工場で出来上がった餃子は冷凍せず、生のまま全国の店舗へ配送。皮のモチモチ感や野菜のシャキシャキ感が損なわれず、フレッシュな美味しさを楽しめます。

モチモチの皮とシャキシャキの野菜モチモチの皮とシャキシャキの野菜

超一流中華料理人たちも満場一致で合格を出し、「間違いなく美味しい餃子」「皮の旨味・風味がすごい」と大絶賛しました。

② 「炒飯」

ご飯部門売上No.1を誇る「炒飯」は、創業当初から変わらない人気メニュー。炒飯専用の醤油ベースの特製ダレを使った、王道の炒飯です。

ご飯部門売上No.1の「炒飯」ご飯部門売上No.1の「炒飯」

パラパラに仕上がったご飯は、他の白ご飯とは別に“炒飯用”として炊かれたもの。水の量を調整し、ネギ油を加えて炊き上げられています。

また、角切りチャーシューをしっかりと焼くことで肉の旨味がご飯に移り、香り豊かな炒飯に仕上げています。

香り豊かな炒飯香り豊かな炒飯

超一流中華料理人たちも「まさに絶品」「鍋を煽った時の香りがしっかり残っている」と称賛しました。

③ 「鶏の唐揚」

揚げ物部門売上No.1の「鶏の唐揚」は、ヘルシーで食べごたえのある若鶏の胸肉を使った一品。肉の切り方・味付け・揚げ方にこだわった人気メニューです。

揚げ物部門売上No.1の「鶏の唐揚」揚げ物部門売上No.1の「鶏の唐揚」

鶏肉は繊維に逆らってそぎ切りにして、特製調味液をしっかり揉み込みます。

揚げる際には、ネギと生姜で香りづけした油を使用。短時間で揚げることで、お肉のジューシーさが損なわれることなく、柔らかな食感となっています。

ジューシーな食感の鶏肉ジューシーな食感の鶏肉

超一流中華料理人たちも「お肉の柔らかさに衝撃が走った」「ジューシーさを前面に押し出した唐揚」と高く評価しました。

④ 「天津飯」

熱々の餡と柔らかい卵の相性がたまらない「天津飯」。3種類ある餡の中でも、人気が高い京風餡の天津飯は、幅広い世代から愛される一品です。

京風餡の「天津飯」京風餡の「天津飯」

こだわりの卵は、空気を混ぜ込みながら焼くことでふわふわ食感に。餡には、鶏がらスープをベースに醤油や生姜などを加え、優しい味わいが特徴です。
超一流中華料理人たちも「卵がふんわりとジューシー」「言うことなし」と絶賛しました。

⑤ 「焼きそば(醤油)」

野菜のシャキシャキ感と、モッチモチの麺が楽しめる「焼きそば(醤油)」。自家製の蒸し麺を使った、人気メニューです。

自家製の蒸し麺を使った焼きそば自家製の蒸し麺を使った焼きそば

焼きそば専用に作られた麺には、北海道産小麦を使用。少し太めで食べごたえがあり、香ばしい麺に仕上がっています。

具材は国産の豚肉と6種の野菜を使い、特製の醤油ダレで味付け。肉と野菜の旨味を麺がしっかりと吸うことで美味しさがアップし、最後まで飽きずに食べ進められます。

餃子の王将の 「焼きそば(醤油)」餃子の王将の 「焼きそば(醤油)」

超一流中華料理人たちも「炒めた香り・麺のモチモチ感・野菜の甘味。全てが調和している」と美味しさを評価しました。

(※表示価格は西日本価格です。)

ジョブチューン

土曜よる8:00~

 

PICK UP