いよいよ最終回!日曜劇場『DCU』新名VS成合が迎える結末とは

TBS Topics


いよいよ本日3月20日(日)に最終回を迎えるTBSで放送中の阿部寛主演の日曜劇場『DCU』。水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマで、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリーだ。

15年前の事件の真相が明らかに!?

瀬能博士(西尾浩行)のかつての部下・戸塚(田辺誠一)から、ついに15年前の事件の真相を聞き出した新名(阿部寛)。テロ組織と通じていたのは瀬能博士ではなく東都重工の上層部で、瀬能博士はその事実を告発しようとしていのだと分かる。さらに、新名の命を狙うように戸塚に指示していたのは瀬能博士のかつての助手で、戸塚の上司だった笠原(岡田浩暉)だった。東都重工海洋研究所で働く笠原は、瀬能博士が研究していた、スマホ一つで船を乗っ取ることができる遠隔システムの設計図の完全版を探していた。

 
阿部寛、岡田浩暉阿部寛、岡田浩暉

カギを握るのは遠隔システムの設計図

一方、成合(吉川晃司)と密かにコンタクトを取るうちに、断片的に父親の瀬能博士との思い出が蘇った瀬能(横浜流星)。遠隔システムの設計図の完全版のデータを見つけ出すが、新名を裏切ったふりをして、成合にニセのデータを渡す。その後、成合と対峙した新名は、耳の後ろの傷跡を見て、成合がブラックバタフライの一員だと確信することに。

横浜流星、吉川晃司横浜流星、吉川晃司

第8話のラストではともに遠隔システムの設計図の完全版を探す笠原と成合が会っていたが、一体何を話していたのか!?

また、成合の元恋人で今は新名と結婚した真子(市川実日子)が、成合が生きていると知ってしまったのも気になるところ。

そして15年前の事件の裏に隠された真相とは?

最終回ではニセのデータをつかまされた成合が、遠隔システムの完全設計図を奪還すべくDCU本部に爆弾を仕掛ける!

果たして、新名VS成合はどんな決着を見せるのか? 
DCUの活躍とともにぜひお楽しみに。

■関連記事
まさかの人物の生存で急展開!?まだ間に合う『DCU』前半戦をおさらい!伊與田英徳Pによる今後の見どころも
【制作秘話】『DCU』伊與田英徳プロデューサーインタビュー 作品に込められた熱い思いとは?

■番組概要
〔タイトル〕

日曜劇場『DCU』
〔放送日時〕
最終回は3月20日(日)よる9時~10時48分