2022年、ついにハワイに鉄道が開通するらしい

公開: 更新: TBS Topics


ハワイの電車らしさが随所に

2022年 ハワイ観光の玄関口・オアフ島に鉄道が開通するそう。

ハワイに鉄道が開通!ハワイに鉄道が開通!

この鉄道は、空港からホノルル中心部などの観光スポットを経由します。

列車には、随所にハワイらしさを感じさせるものがあり、車内にはサーフボードをおける“サーフラック”が。

車内にはサーフラックが設置車内にはサーフラックが設置

車体にはハワイのシンボル・虹もデザインされています。

列車には虹がデザインされている列車には虹がデザインされている

駅は、ハーラウラニ(リーワード・コミュニティ・カレッジ)駅など、全部で21駅ありますが、2022年に開通するのは一部区間のみ。2031年に全線開通を予定しているとのことです。

ハワイに電車が開通した、意外な理由

ビッグニュースとしても取り上げられている、ハワイの鉄道開通。

全線開通は2031年を予定全線開通は2031年を予定

実は以前にも、“さとうきび列車”(キラウエア・サトウキビ・プランテーション鉄道)が走っていた時代があったのですが、産業の衰退とともに姿を消したそうです。

ハワイに再び鉄道が開通したのには、現在オアフ島で問題になっている“交通渋滞”に関係があります。車であれば通常、空港からワイキキビーチまで約20分の移動で済むものが、朝夕などの混雑時は一時間以上かかることもあるといいます。

ハワイで問題になっているのが交通渋滞ハワイで問題になっているのが交通渋滞

鉄道であれば、約15分でその区間を移動できるというので、大変便利になります。
また、車が減れば二酸化炭素の削減につながり、ハワイが直面する環境問題への対策にもなるメリットも。

“のんびりしたビーチの島”というイメージを持たれがちなハワイですが、こうした交通事情があったとは驚きです。より便利になるハワイの鉄道開通、楽しみですね。

 

PICK UP