島崎和歌子&磯山さやかのメモリアルイヤーをお祝い

TBS Topics


TBSで毎週日曜よる6時30分から放送中の『週刊さんまとマツコ』。国民的お笑い芸人の明石家さんまと、日本を代表する“さんまファン”かつ“最強のお喋り相手”マツコ・デラックス。そんな2人が「今、話題の人・トピックス」についてしゃべり倒す!

明日2月13日(日)は、1月30日(日)の放送に引き続き、バラドルとして長年活躍する島崎和歌子&磯山さやかを徹底解剖する緊急企画を放送! 芸能生活30周年の島崎、20周年の磯山というメモリアルイヤーを迎えていた2大バラドルがテレビ業界に残した“偉業”はまだまだたくさん! さんま&マツコも知らなかった2人の過去の活動や熱烈ファンの存在が明らかに!

芸能生活30周年、20周年というメモリアルイヤーをテレビ業界から“ガン無視”されている状態の島崎&磯山だが、共に熱烈なファンに支えられているところも共通している。島崎には“ザキワカ会”という島崎を愛する3名の男性ファンで構成された事務所非公認のファンクラブがあり、代表の男性が島崎の魅力を熱弁! 特に島崎の歌声に魅了されたことをしみじみ語る姿に、マツコが「逆にいじってない!?」とツッコミを入れる一幕も。そんな中、島崎も知らない、戦慄が走るような事態が“ザキワカ会”に起こっていたことが判明…!?

また、1時間で200人のファンが訪れた磯山の2022年カレンダー発売イベントの現場にカメラが潜入し、ファンたちに直撃。磯山の地元・茨城からはるばる来たファンやオリジナルの応援グッズに身を包んだファンなどもおり、「ぽっちゃりしてるところが良い。抱き枕にしたいくらい」など磯山の魅力をしみじみ語る姿が紹介され、磯山が照れ笑いを見せた。他にも島崎&磯山がメモリアルイヤーに製作したツッコミどころ満載(!?)な記念グッズやプレミア価格がついた懐かしのグッズなども登場する。

他にも、島崎が過去にリリースした楽曲の振り返りも。デビュー曲「弱っちゃうんだ」から始まり、阿久悠、武田鉄矢、秋元康ら著名人も手掛けてきた楽曲の意外な裏話が語られる。

長年活躍してきた島崎&磯山の“偉業”が続々と明かされ、2週目もさんま&マツコの笑いが止まらない!
明日よる6時30分放送の『週刊さんまとマツコ』でぜひ見届けてほしい。

番組概要

[タイトル]
『週刊さんまとマツコ』
[放送日時]
2月13日(日)よる6:30~7:00
[スタッフ]
製作著作 
TBS
制作プロデューサー 
江藤俊久
プロデューサー 
井上 整
細谷知世

[出演者]
明石家さんま
マツコ・デラックス
進行 川島 明(麒麟)
スタジオゲスト 島崎和歌子
磯山さやか
[公式サイト]https://www.tbs.co.jp/sanma-matsuko_tbs/
[公式 Twitter]@sanmatsuko_tbs