アルコール消毒のあと「財布」に触るのはNG⁉意外と知らない財布の注意点

TBS Topics


ついついやりがち?財布を扱うときの注意点

① 財布の型崩れ・ほつれを防ぐには

男性の中には、“財布をズボンの後ろのポケットに入れる”という人も多いと思います。

しかし実はそのしまい方は、財布の型崩れなどの原因にもなるといいます。

財布はズボンの後ろポケットに入れないほうが良い財布はズボンの後ろポケットに入れないほうが良い

それらを防ぐ一番の方法は、バッグに入れてしまうことだそう。その際、中でぶつかったりしないように、“財布をしまう場所をある程度決めて入れる”となおよいとのことです。

型崩れを防ぐには、バッグに入れてしまうこと型崩れを防ぐには、バッグに入れてしまうこと

 

② このご時世だからこそ注意すべきこと

最近では、新型コロナウイルスの流行の影響で、アルコール消毒が設置されている場所が殆どです。

消毒後に注意したいのが、手に付けたアルコールが乾いていない状態で財布やバッグを触らないようにすること

アルコールのついた手で財布やバッグを触らないようにするアルコールのついた手で財布やバッグを触らないようにする

その理由は、“アルコールが乾いていない手で革製のものに触れると、変色や色落ちの原因になる”ため。一度染みついてしまうと、直らないケースが多いそうです。

教えてくれたのは、財布修理専門店の店長

財布などの革製品を扱うときの注意点を教えてくれたのが、財布修理専門店「パースフル」の店長・山崎さん。

財布修理専門店「パースフル」の店長・山崎さん財布修理専門店「パースフル」の店長・山崎さん

基本的にお店は一人で切り盛りしており、修理依頼のあった財布はすべて自分の手で直しているといいます。

丁寧な仕事で財布を修理するお店には、お客さんから数多くの感謝の声が届きます。こうした事実に、「また(財布を)使えるようにできて、こんなに満足してもらえるというのは本当にうれしい」と笑顔で話してくれました。

丁寧な仕事に、お客さんから数多くの感謝の声が丁寧な仕事に、お客さんから数多くの感謝の声が

お客さんたちのお気に入りの財布を直すため、山崎さんは今日も一生懸命に修理を続けています。

BACKSTAGE

CBCテレビ:日曜よる11:30~

PICK UP