若林時英×窪塚愛流「お笑い番組をコンビで目指す!?」『ファイトソング』インタビュー

公開: 更新: TBS Topics


TBSで放送中の火曜ドラマ『ファイトソング』。本作は空手選手の夢を絶たれ、人生どん底の木皿花枝(清原果耶)と、一発屋でクビ寸前の変人ミュージシャン芦田春樹(間宮祥太朗)、そしてチャラいがずっと花枝に片思いを続けている幼馴染の夏川慎吾(菊池風磨)、3人の恋と成長を描いたヒューマンラブコメディだ。今回は、慎吾の営む「サンシャインクリーニング」で働くヒデ役の若林時英、俊哉役の窪塚愛流の2人にインタビュー。役作りや撮影エピソードについて聞いた。

いきなり一発ギャグをやってと言われます

——演じる役柄はどんなキャラクターですか?

若林「ヒデは、花枝もいたあさひ学園で俊哉とずっと暮らしていました。卒業した今は2人で漫才師を目指しています」
窪塚「漫才師を目指しつつ、慎吾さんのもとで2人とも働いています。僕たちが画面に映るといろいろ悩んでいたことがバカバカしく思えたり、なんでもいいやと思っていただけるように2人とも吹っ飛ぶようなエネルギーで演じています」

『ファイトソング』ヒデと俊哉『ファイトソング』ヒデと俊哉

——2人の魅力はどんなところですか?

窪塚「2人の魅力というか、2人で1つというのが一番の魅力です」
若林「微笑ましく見える姿になっているんじゃないかなって」
窪塚「友達として、漫才師を目指す仲間として、お互いがお互いを愛しているみたいな感じです」

——役を演じる上で大変だったところはありますか?

窪塚「いきなり一発ギャグをやってとか…台本に書いていないことをやってと言われること(笑)。そのたびにどんなネタをやればいいのかを考えています」
若林「あったね。撮影初日に、本当は出る予定ではなかったんですけど『ちょっと2人出ちゃおうか』ということになって。ここで一発ギャグをやって、みんなを笑わせてほしいと監督から言われてやりましたね。30分で2つのネタを考えました」
窪塚「あれは大変だった(笑)」

——ネタはどうやって作っていますか?

若林「その場で考えて相談するので、かなり鍛えられます。僕個人としては、この作品のオファーをいただいてからは、連日お笑いの動画を見て勉強しています」

——本当に漫才師を目指しているみたいですね。

若林「(笑)。お笑い番組に出てみたいです。そこを目指して僕たちはやっています!」
窪塚「コンビ名も今はそのままのヒデ&俊哉みたいな感じだから、考えたいよね」
若林「そうだね」

『ファイトソング』花枝とヒデ、俊哉『ファイトソング』花枝とヒデ、俊哉
 

——共演者の方とのエピソードは?

若林「ネタを面白いと言っていただいたりします。花枝役の清原さんは撮影の合間もずっとその役としている方なので、本当に尊敬できる方だなと思います。慎吾役の菊池さんは、先ほど話した撮影初日にギャグを披露したとき、『まだあるよ。まだまだ。えっ!? 他もやるよね?』とずっと言ってきて。あれはだいぶプレッシャーでした(笑)」
窪塚「確かに(笑)」

——最後に視聴者へメッセージをお願いします。

若林「とにかく毎週火曜日にこの作品を見ていただけたら、勇気と元気が絶対にもらえる作品になっています。ぜひ、見てください!」
窪塚「いろいろなことに悩んでいる方、これから頑張ろうと思っている方々の気持ちに寄り添えられたら良いなと思います。よろしくお願いします!」

■番組概要

[タイトル]
火曜ドラマ『ファイトソング』
[放送日時]
毎週火曜よる10時~10時57分

PICK UP