制作発表に着物姿で勢揃い『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』

公開: 更新: TBS Topics


TBSでは2022年1月2日(日)よる9時から『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』を放送する。桜沢鈴による4コマ漫画「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)を原作にドラマ化し、2018年7月期の火曜ドラマ枠で放送され、2020年の正月にはスペシャル版として復活。2022年の今回は亜希子(綾瀬はるか)が再建した企業がハゲタカファンドに乗っ取られてしまう。ハゲタカへのリベンジに燃える亜希子だが、買収を仕掛けた男は、他界した夫・良一(竹野内豊)に瓜二つの男だった。そんな前作の続きから始まる物語。義母と娘、そして周りにいる個性豊かな大人たちは、どのようなブルースを奏でるのか!?

このたび12月21日に制作発表会見が行われ、綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健上白石萌歌井之脇海が登壇。新春放送にふさわしい着物姿で報道陣の前に“ぎぼむす”のキャスト陣が勢揃いした。

「娘も成長したんだな」と綾瀬もしみじみ

宮本亜希子役の綾瀬はるか宮本亜希子役の綾瀬はるか

まずは、主演の綾瀬が「続編として2作目となりますが、さらにパワーアップしていると思います。楽しみにしていてください」と挨拶。綾瀬が演じる宮本亜希子はみゆき(上白石)の義母で他界した良一(竹野内)の妻。とても真面目な性格でフリーの経営コンサルタントを務めている。
「久しぶりにメガネとスーツ、アタッシュケースを身に着けたのですが、体が覚えていたようで、テキパキ、カチカチ、キッチリとした亜希子さんを演じることができました。今回、亡き旦那さんにそっくりな良治さん(竹野内)が現れたことで、亜希子さんは恋心のような思いを抱きます。そのときの心の揺れるシーンを一生懸命演じさせていただきました」。
また「困惑している亜希子さんを、お母さんのような眼差しで見守っていてくれているみゆきちゃんがいて。“あぁ、娘も成長したんだな”と感じました」としみじみと語った。

岩城良治役の竹野内豊岩城良治役の竹野内豊

亜希子の亡き夫、良一に瓜二つの岩城良治役の竹野内は「一人二役というのは、今まであまり演じたことがなかったので、とても新鮮に感じました」とコメント。
典型的なハゲタカファンドである「ダインキャピタル・ジャパン」の代表でファンドマネージャーという役どころについては「今回はみなさんを振り回すポジションだったので、ちゃんと演じることができたか不安もあります。でも、同時に作品の完成を楽しみにもしています」と作品への思いを語った。
撮影中のエピソードを聞かれると「遊園地での撮影は、朝とても寒かったんです。でも、綾瀬さんと上白石さんは何度もジェットコースターに乗って楽しんでいらっしゃったので、若いなぁと思いました(笑)」。
さらに、「すべてのキャストの方たちが今まで見たことのない表情を見せていますので、ぜひご覧になってください」と続けた。

麦田章役の佐藤健麦田章役の佐藤健

「麦田のような“愛されバカ”の役を演じさせていただく機会があまりないので、楽しく撮影をすることができました」と会場を笑わせたのは「ベーカリー麦田」の店長、麦田章を演じる佐藤。「麦田的にも今回は一番やらかしてしまいます」と語る。
「正直、最初に台本を読んだときは不安でした。“ここまでバカで大丈夫なんだろうか”と。ただ、綾瀬さんから“そこが麦ちゃんのいいところ”と言ってもらえたので、思い切って演じることができました」と明かした。
これまでとは比にならないぐらいの“おバカっぷり”を披露することになるという佐藤だが、「良治さんに乗せられてやってしまうんです」と言うと、竹野内も「こんな佐藤さんはなかなか見られないと思うので楽しみにしていてください」とアピール。
また「麦田がハゲタカをハゲと勘違いするシーンの撮影中、綾瀬さんはずっと笑っていました」と撮影時のエピソードも披露した。

宮本みゆき役の上白石萌歌宮本みゆき役の上白石萌歌

義母の亜希子を温かく見守る宮本みゆき役の上白石は「2年ぶりに宮本家に帰ってきました。この2年で世の中は大きく変わりましたが、宮本家は相変わらず温かく、愛がたくさんあってほっとしました」と笑顔を見せた。
「お父さんにそっくりな姿をした良治さんに、お母さんがどんどん惹かれていく姿を見て、みゆきも少し戸惑います。でも、みゆきはお母さんの幸せを一番に願っているので、応援したり、お母さんの背中を押すお芝居をすることができてすごく楽しかったです。子どもみたいに照れたり、ドキドキしているお母さんの初めて見せる表情にも注目していただきたいです」と語った。
撮影では「お母さんと2人でお酒を飲むシーンがあって。以前は高校生だったのに、みゆきも大人になったんだなと思うと、とても感慨深かったです」と撮影を振り返った。

黒田大樹役の井之脇海黒田大樹役の井之脇海

みゆきの幼馴染で、医大生の黒田大樹を演じる井之脇は「ようやく学ランを卒業できたので、ほっとしました(笑)。ただ、衣装合わせのとき、衣装が学ランじゃなかったので、“あれ、大樹ってどんな感じだったかな?”と思ったんです。でも、現場でみなさんの顔を見て、すぐに以前の大樹の気持ちを取り戻すことができました」。
そして撮影中のエピソードでは「僕の前で健さんが全力でズボンをおろすシーンがあります。真剣にズボンをおろす健さんの姿がツボにハマってしまい、ずっと1人で笑っていました(笑)。ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」と、思わぬ見どころについて語った。

綾瀬が書き初めに挑戦綾瀬が書き初めに挑戦

会見ではキャスト陣を代表して綾瀬が書き初めに挑戦。事前に一同で相談して決めた「楽」という文字を書き上げると、「とても楽しい作品になっていると思いますし、お正月、多くの方に楽しんでいただきたいという願いを込めて、みなさんとこの字に決めました」と話した。

その後、キャスト全員で木槌を持って、合図の掛け声とともに鏡開き。
最後は、綾瀬が視聴者に向け、「登場人物それぞれが、誰かを思い、愛のある、そして笑いのある作品になっていると思います。みなさんにたくさん笑っていただき、良い新年を迎えていただきたいです。よろしくお願いします」とメッセージをおくり、会見を締めくくった。

■番組概要

[タイトル]
『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』
[放送日時]
2022年1月2日(日)よる9:00~11:30

PICK UP