『最愛』最終回直前!新井順子プロデューサーに聞いた!ジリキュンシーンの裏側&最終回の見どころ

公開: 更新: TBS Topics


TBSで放送中の金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜よる10時~)。殺人事件の重要参考となった女性実業家・真田梨央(吉高由里子)と、彼女の初恋の相手で事件を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、梨央を支える弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)を中心に描かれるサスペンスラブストーリーだ。いよいよ本日最終回を迎えるが、今回は物語を振り返るとともに、新井順子プロデューサーに撮影の裏話や、最終回に向けてのメッセージを聞いた。

梨央と大輝のジリキュンシーンは新井Pが直接指導!?

最愛最愛

15年前、両想いだった梨央と大輝。梨央に起こったある事件がきっかけで付き合うことはなく、梨央が大学進学のために上京してからは、一度も会うことがなかった。
しかし、15年前に行方不明になった渡辺康介(朝井大智)の遺体が発見され、その数日後に父親の昭(酒向芳)が殺害されたことをきっかけに2人は再会。重要参考人となった梨央を、捜査を担当する捜査一課の刑事として大輝が調べることになる。

最愛最愛

やがて、梨央自身の昭殺害事件当日の潔白が証明され、たびたび2人きりで話すようになると、昔のような関係に戻ることもあったが、完全に15年前に戻ることはなかった。大輝は犯人が捕まらない中で刑事として梨央に近づきすぎてはいけないという自制心があった。一方、梨央は、弟の優が15年前に自分が康介に襲われそうになったときに守ろうとして、康介を殺してしまったことを隠していたからだ。

“ロミオとジュリエット”のような禁断感を

2人のもどかしい関係は“ジリキュン”とも呼ばれ、たびたび話題になったが、そのシーンに関するこだわりとは?

新井P曰く「“ロミオとジュリエット”のように禁断感を出そうと。立場が2人を引き裂くという、切なさをとにかく意識しました」とのこと。

最愛最愛

特に第6話では禁断感が最高潮を迎えた。
優は康介と昭の殺害を告白していたが、15年前の康介の殺害については未成年だっため罪に問われず、昭の殺害は優が池に突き落とした後も生きていたことが分かって不起訴に。しかし、被害者に寄り添って捜査しなければならない大輝が、優のことを考えて捜査していたことは良くないことだと加瀬に聞かされた梨央は、大輝の立場を考えて一方的に電話で「もう会わんようにする」と告げる。

梨央は大輝の近くで電話をしていることが見つかって逃げるが、大輝が追い付き、抱き締め合った2人。それでも気持ちが揺るがない梨央と、見送るしかない大輝の姿は大きな反響を呼んだ。

追いついた大輝が行こうとする梨央の腕を引き寄せて抱きしめる場面は、新井P自ら松下の動きを実演して説明したとか。「松下さんに『こうしてほしい』と言いながら細かい動きをやってみせました」と、作品へのこだわりを語った。

もう会わないと決めた2人だったが、同時期に大輝が捜査一課から所轄に異動することになると、優の働きかけもあって梨央と大輝の距離がグッと近づく。

最愛最愛

第7話では大輝がお茶を絨毯にこぼしてしまい、梨央と一緒に拭いていると手が触れて見つめ合うが、結局2人とも笑ってしまう場面が印象的だ。しかし、このシーンは当初キスさせる予定だったとか。

「脚本の清水(友佳子)さんに、キスするというオーダーを出してプロットを書いてもらったのですが、上がってきたプロットを読んだら、なんか違うなと思ってしまって(笑)。『清水さん、やっぱりやめましょう』と書き直してもらいました。1話で大輝が梨央にお守りを渡して告白を予告する頃、つまり15年前の事件が起きる前の関係性に2人を戻したかったので、笑ってもらおうと。監督とも相談して2人が吹き出す形にしました。第7話でようやく15年前に戻り、第8話で当時言えなかったことをようやく言って少し関係が進む。ただ、大輝の『これからのことを2人で考えたい』という言葉に梨央も同意しつつも、結局それは今ではないと…。ジリキュンです(笑)」。

事件が解決し、新薬が承認されてから2人でこれからを考えようと約束した2人。最終回ではそれが叶うのか気になるところだ。

視聴者の考察をチェックすることも

SNSやYouTubeで視聴者による作品に関する多くの考察が行われているが、それらすべてとまではいかないが見ているという新井P。「色々な考察があって面白いですね。ただ、誤解を解いておきたい考察もあって、例えば梨央の父親の達雄(光石研)の死について。達雄は15年前の事件の直後に急死してしまうのですが、自殺とか殺されたとか考察が出て、その誤解は解いておきたくて、2話ダイジェストで“くも膜下出血”を強調したり、深読みしないでくださいというメッセージを入れました(笑)」と、視聴者の期待が思いもよらない方向にいかないようにするこだわりを教えてくれた。

最愛最愛

番組公式SNSのフォロワーもTwitterが15万人、Instagramが30万人を突破。その人気の理由についても分析してもらった。「本編はサスペンス感が強いのですが、SNSでは現場の空気感が出ているのがいいのかも? サスペンスを撮影しているとは思えないほどにぎやかな現場ですから。すごくシリアスなシーンなのに、NGを出すと『やってまった!』と笑いが起きたり、オンとオフのテンションのギャップがすごいんです(笑)。あとはやはり吉高さんが現場を明るくしてくれるので、それがいい空気感になっていると思います」。

「挑戦的な最終回です」(新井P)

田中みな実田中みな実

 優が昭を殺害していないことが分かり、警察は渡辺康介にかかわりがあった都内の関係者を洗い直していると、15年前に梨央と面識があり康介の被害にあっていた、フリーライターの橘しおりが浮上。だが、しおりは遺体で発見され、さらに事件当時にはアリバイがあった。

そんな中、昭の遺体と一緒に池から発見されたウェルネスホームのペンは、梨央の母親・梓(薬師丸ひろ子)が会社設立の記念品として作った特注品だと判明。持っているのは梨央、加瀬、専務の後藤、梨央の兄の政信(奥野瑛太)、梓の5人。警察はその中の誰かが事件の時に落とした可能性があるとにらんで捜査を進める。

吉高由里子と井浦新吉高由里子と井浦新

真田ビジネスサービスの30周年記念パーティーの翌日、真田ウェルネスの寄付金詐欺と、それを調べていたしおり(田中みな実)の不審死に関するスクープ記事が出てしまう。
梨央が動揺する中、梓は寄付金詐欺に関わり、しおりとコンタクトを取り続けていた後藤(及川光博)のことを公にしないことに。

後追い記事は加瀬が潰したものの、寄付金詐欺や橘しおりの不審死、昭殺害事件に梨央が関係しているのではないかという情報が話題になり、真田ウェルネスは窮地に陥る。

梓は梨央や後藤には知らせずに会見を開き、寄付金詐欺について謝罪。すべては一人でやったことだと告白し、さらに報道された殺人について真田家の人間はかかわっていないと宣言する。特注品のペンを失くし、昭が殺害された時刻と橘しおりが死んだ時刻のアリバイもない梓は、警察に出頭するが、本当に一連の事件に関係がないのか?

さらに、寄付金詐欺について出頭しようとする後藤と梨央がもみあったときに、後藤が階段から落ちて救急車で運ばれてしまう。後藤と梨央の運命は?

一方、大輝の大学の陸上部の後輩で15年前の事件を担当する富山県警の藤井(岡山天音)が、大輝に発した言葉も気になるところ。

松下洸平と岡山天音松下洸平と岡山天音

最後に、新井プロデューサーが最終回に向けてのメッセージをくれた。「挑戦的な最終回になると思います。皆さんの反応がどんなことになるのかドキドキしていますが、最終回のその先を想像してほしいです」。

最終回は本日12月17日(金)よる10時から。
ぜひその結末を見届けてほしい。

■関連記事
今からでも間に合う!サスペンスラブストーリー、『最愛』を分かりやすくおさらい

■番組概要
〔タイトル〕

金曜ドラマ『最愛』
〔放送日時〕
毎週金曜よる10時~10時54分

PICK UP