井浦新、松下洸平とフレッシュな芝居を続けたい!『最愛』インタビュー

公開: 更新: TBS Topics


TBSで放送中の金曜ドラマ『最愛』。殺人事件の重要参考人となった女性実業家・真田梨央(吉高由里子)と、彼女を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、そして梨央を支える弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)を中心に描かれるサスペンスラブストーリー。殺人事件を機に、再会を果たした梨央と大輝。一方、加瀬は15年前から梨央を常にフォローし守ってきた。そんな加瀬を演じる井浦新にインタビュー。役へのこだわりや吉高、松下に対する思いも聞いた。

加瀬は最初の想像とはまったく違う人物だった

――オファーを受けたときの感想を教えてください。

以前、ドラマ『アンナチュラル』で新井(順子)・塚原(あゆ子)組に参加させていただきました。そのとき新井さんと塚原さんの持つクリエイターとしての一面に触れ、とても感動し「ぜひまた一緒に仕事をさせていただきたい!」と思っていたんです。でも、一度一緒に仕事をしたからといって、次があるとは限りません。それでも『アンナチュラル』のキャストの方たちが、再び新井さんや塚原さんと仕事をされている姿を見て「自分は何かやってしまったんだろうか…」と。そんなとき、新井さんが声をかけてくださったので、本当にうれしかったです。

弁護士の加瀬弁護士の加瀬

――新井プロデューサーや塚原監督とは、演じるにあたってどのようなことを話されましたか?

塚原さんは、伝わりやすい芝居ではなく、心を大事にした芝居を大切にしてくださる監督です。台本のト書きに「涙が出る」と書かれていても、現場で涙が出なかったら「それがそのときの心の在り方だから、そのままでいい」と、俳優の芝居をすべて受け止めてくれます。『最愛』では中心人物だけでなく、脇を彩る人たちから生まれたドラマもしっかり描かれていて。新井さんも同じように周りの人たちの物語を大事にするプロデューサーです。しかも新井さんは描きたいことがとても明確。だからこそ塚原さんは世界観を作りやすいんじゃないかなと思います。加瀬の人物像についても、どのように成長して真田グループに入ったのか、梨央と会ってからどんな15年を過ごしたのか、いろいろな話をお2人にしていただき、イメージも広がりました。ただ、まだ聞かされてないこともたくさんあって。物語の謎の部分を教えてほしいのに教えていただけていないので、そこだけがちょっと不安です(笑)。

――今回演じる加瀬賢一郎は、どのようなキャラクターですか?

加瀬は東大法学部を首席で卒業し、現在は真田ウェルネスの法務部に所属している弁護士です。梨央の母親である梓(薬師丸ひろ子)に拾われ、真田家の家族と会社を守るために生きてきました。最初、台本を読んだときは、クールでキレ者というイメージがあったんです。でも、新井さんと塚原さんの話を聞いて、想像とはまったく違う人物だということがわかりました。ぬけているところがあったり、意外とフランクだったり、不器用だったり。いい意味で、加瀬はものすごく普通の人でした。そこが加瀬の魅力になったらいいなと思い、今は「こんな表情もするんじゃないか」「こんな言葉遣いもするんじゃないか」と人間味の幅を広げて演じるようにしています。

梨央と加瀬の前に現れた刑事の大輝梨央と加瀬の前に現れた刑事の大輝

――吉高由里子さん、松下洸平さんと共演した感想を教えてください。

吉高さんは力のあるステキな女優さんです。彼女が初めて座長を務めた作品でご一緒して。お互い体当たりで挑んだ作品だったので、当時の印象が色濃いんですけど、今は座長として皆をひっぱる存在へ成長したんだなと改めて感じさせられました。心のままに芝居をするというスタイルは以前と変わらないまま、経験してきた時間や重さも演技からにじみ出ているんです。きっといい仕事、いい人たちと出会ってきたんだろうな、と。今回吉高さんは過去と現在で二つの顔を持つ梨央を演じなければいけません。なのに決して無理をした芝居になっていない。過去も現在も吉高さんのフィルターを通して役へと繋がっているので、すごい才能だなと思います。本人に「すごい才能だ」とは言いませんけどね(笑)。
洸平くんとは現場で話していると、会話が広がるんです。お互い興味があるもの、好きな分野がリンクしているからだと思います。以前、同じ作品に出演していますが、肌と肌を合わせて2人で芝居をするのは今作が初めて。とても新鮮に感じています。役柄的に大輝と加瀬は梨央をはさんで、両サイドで火花を散らしますが、洸平くんとは最終話までフレッシュな芝居を続けたいです。

――最後にドラマを毎週楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

この作品はオリジナルの構成で物語が展開していくので、いわゆるサスペンスの方程式というものがありません。なのでドラマを観る方は映画館で映画を観るような心づもりで向き合っていただかないと、置いていかれてしまいます。その分、観終わった後は心地の良い疲れとともに、十分な充実感も味わえるはずです。ぜひ最終話まで楽しみながらご覧になってください。

■番組概要

[タイトル]
金曜ドラマ『最愛』
[放送日時]
毎週金曜よる10時~10時54分

PICK UP