芸術の秋 Kバレエ3作品を全国の劇場で連続公開決定

公開: 更新: TBS Topics


熊川哲也率いるKバレエ カンパニーの珠玉の3作品「白鳥の湖」「シンデレラ」「くるみ割り人形」。
その 3 作品を収録した「白鳥の湖 in Cinema」「シンデレラ in Cinema」「くるみ割り人形 in Cinema」を全国の劇場で連続公開することが決定。10月22日(金)より「白鳥の湖 in Cinema」を皮切りに全国のユナイテッド・シネマ、シネプレックス系映画館の全40館で連続公開する。(※休館の事情により「白鳥の湖 in Cinema」のみ39館で上映)

「白鳥の湖」はチャイコフスキーの音楽によるクラシック・バレエのマスターピース。中でも熊川の演出による「白鳥の湖」はあまりに美しく幻想的だ。また、本作は世界的ダンサー・日髙世菜のKバレエ初出演作であり、その実力をまざまざと見せつけ大きな話題をさらった(2021年3月公演を収録)。
11月19日(金)からは、今年の10月に上演したばかりの日髙世菜主演の「シンデレラ in Cinema」を上映する。

そして「シンデレラ in Cinema」の上映終了日の翌日12月3日(金)からは、毎年のクリスマスの風物詩「くるみ割り人形 in Cinema」を上映。Kバレエを創成期から支えた宮尾俊太郎がドロッセルマイヤーを、そしてKバレエの新時代を背負う栗山廉がくるみ割り人形/王子役を務めた(2020年12月公演を収録)。

日髙世菜プロフィール

兵庫県生まれ。4歳よりバレエを始める。
2008年バレエコンペティション in 奈良シニアの部で一位を受賞。同年にロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーに留学。11年にルーマニア国立バレエ団に入団し、14年にはプリンシパルに昇格。
「World Ballet Stars」(ニューヨーク)など世界各地でのガラ公演に参加。16年にアメリカのタルサバレエに移籍し、19年にはプリンシパルに昇格。数々の作品で主演を踊る。

主なレパートリーは、「白鳥の湖」のオデット/オディール、「眠れる森の美女」のオーロラ/カラボス、「くるみ割り人形」のマリー、「海賊」のメドーラ、「ジゼル」のタイトルロール、「ラ・バヤデール」のニキヤ、アシュトン「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」のリーズ、ホルムズ版「ドン・キホーテ」のキトリ、ブルノンヴィル版「ラ・シルフィード」のタイトルロール、スティーヴンソン版「シンデレラ」のタイトルロール、「ドラキュラ」のフローラ、ラトマンスキー振付「DSCH」、バランシン振付「Who cares? 」、ロビンズ振付「In The Night」など。
21年1月より K バレエ カンパニーにプリンシパルとして入団。
主な出演作は熊川版「白鳥の湖」のオデット/オディール、「ドン・キホーテ」のキトリなど。

<3作連続上映に寄せて熊川哲也コメント>

コロナ禍の苦しさが世を覆い続けるなか、手探りで進んだ2020-21年シーズンは、慎重に状況を注視しつつ、時に厳しい判断を強いられながらではありますが、全公演無事に開催し、新たな取り組みに挑戦できたこともうれしく思っております。
Kバレエ カンパニーが直近に開催した珠玉の3作品を全国の皆様に観ていただけるのは、心躍る思いです。
新たにカンパニーに迎えた日髙世菜の踊りを映画館の大スクリーンで観ると、それは圧巻かと思います。
TBSの撮影・映像制作チームと共に舞台芸術とテクノロジーがいかに手を携えることができるのか、その可能性を模索できたとともに、劇場におけるライブパフォーマンスの無二の価値が胸に刻まれ、劇場での生のバレエの舞台を安心して楽しんでいただけるそんな時間がくることを願っております。

【演出・再振付・舞台美術・衣裳デザイン】熊川哲也 Tetsuya Kumakawa

Kバレエ カンパニー/Bunkamuraオーチャードホール 芸術監督
北海道生まれ。10歳よりバレエを始める。1987年、英国ロイヤル・バレエ学校に入学。1989年にはローザンヌ国際バレエコンクールで日本人初のゴールド・メダルを受賞。ヨーロピアン・ヤング・ダンサーズ・オヴ・ザ・イヤー・コンクール(パリ)でも金賞を受賞。同年、東洋人として初めて英国ロイヤル・バレエ団に入団し、同団史上最年少でソリストに昇格。1993年にプリンシパルに任命された。在団中にボリショイ・バレエ団の「ジゼル」をはじめ各国のバレエ団に客演。1996年から1998年にはセルフ・プロデュース公演「Made in LONDON」を開催している。
1998年に英国ロイヤル・バレエ団を退団し、1999年にKバレエカンパニーを創立。これまでに、プティ振付「カルメン」、マクミラン振付「三人姉妹」、自身のプロダクション「ジゼル」「眠れる森の美女」「白鳥の湖」「コッペリア」「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」「海賊」「ロミオとジュリエット」「シンデレラ」「ラ・バヤデール」「カルメン」などを上演。2004年にはニューヨークのメトロポリタン歌劇場にてアシュトン振付「ラプソディ」を踊り、高い評価を受ける。2006年、上海大劇院にて「ドン・キホーテ」を上演・主演。振付作品には、「ベートーヴェン 第九」「ウォルフガング」「パッシング・ヴォイス」「シンプル・シンフォニー」などがある。2017年には完全オリジナル作品「クレオパトラ」を、2019年には「カルミナ・ブラーナ」「マダム・バタフライ」を世界初演し、大成功を収める。
2004年、「白鳥の湖」の演出・振付・出演に対し、第3回朝日舞台芸術賞を受賞。2005年、第55回芸術選奨 文部科学大臣賞(舞踊部門)を受賞。2006年、Kバレエ カンパニーとして「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」の舞台成果に対し、第5回朝日舞台芸術賞を受賞。2012年1月、Bunkamuraオーチャードホール芸術監督に就任。2013年、紫綬褒章受章。2015年、日本におけるバレエ教育や人材育成に大きな功績を残したと評価され、第24回モンブラン国際文化賞を受賞。2018年、「クレオパトラ」の振付・演出に至る長年の功績に対し、第59回毎日芸術賞特別賞を受賞。

【バレエ】Kバレエ カンパニー K-BALLET COMPANY

1999年、英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとして世界の頂点を極めたバレエダンサー熊川哲也が、自ら芸術監督を務めるKバレエ カンパニーを創立。創立当初より古典全幕作品を中心としたレパートリーに意欲的に挑み、熊川自身が古典に対して抱いてきた敬意と理想を形にしたプロダクションを“熊川版”として次々と発表。「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」といった古典バレエの名作をはじめ、オペラ原作の「カルメン」、台本・音楽から全ての構成を手掛けた完全オリジナル作品「クレオパトラ」を全幕バレエとして初演。
そのレパートリーは全幕だけでも12作品を数える。2005年には、専属オーケストラとしてシアター オーケストラ トーキョーを設立。カンパニーの成長と発展は国内外での評価にも顕著に結び付き、クラシック・バレエ界として初の朝日舞台芸術賞受賞や、ローザンヌ国際バレエコンクールに日本のバレエ団で初めてオフィシャルパートナーカンパニーとして提携するなど、熊川が築き上げてきた確たる基盤のもと、世界的文化価値を継承するプロフェッショナルカンパニーとして進化し続けている。2018年には、Bunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を締結。

[公式サイト]http://www.k-ballet.co.jp/
[公式Facebook]https://www.facebook.com/kballet.company/
[公式Twitter]@kballetofficial
[公式Instagram]k_ballet_company_official

Kバレエ カンパニー「白鳥の湖 in Cinema」概要

[タイトル]Kバレエ カンパニー「白鳥の湖 in Cinema」
[芸術監督・演出・振付]熊川哲也
[映像制作・プロデュース]安江 圭(TBS)
[出演]日髙世菜、髙橋裕哉ほか
[指揮]井田勝大
[管弦楽]シアター オーケストラ トーキョー
[収録]Bunkamuraオーチャードホール 2021年3月28日の公演
[映像制作・配給]TBS
[上映時間]122分間
[上映期間・料金]
10月22日(金)~11月4日(木)2週間限定上映
入場料金 2500円(税込)
前売券(ローソンチケット) 2200円(税込)
※入場者特典:オリジナルクリアファイル(各劇場にて先着順)

Kバレエ カンパニー「シンデレラ in Cinema」概要

[タイトル]Kバレエ カンパニー「シンデレラ in Cinema」
[芸術監督・演出・振付]熊川哲也
[映像制作・プロデュース]安江 圭(TBS)
[出演]日髙世菜、髙橋裕哉ほか
[指揮]井田勝大
[管弦楽]シアター オーケストラ トーキョー
[収録]Bunkamuraオーチャードホール 2021年10月10日の公演
[映像制作・配給]TBS
[上映時間]114分間
[上映期間・料金]
11月19日(金)~12月2日(木)2週間限定上映
入場料金 2500円(税込)
前売券(ローソンチケット) 2200円(税込)
※入場者特典:オリジナルクリアファイル(各劇場にて先着順)

Kバレエ カンパニー「くるみ割り人形 in Cinema」概要

[タイトル]Kバレエ カンパニー「くるみ割り人形 in Cinema」
[芸術監督・演出・振付]熊川哲也
[映像制作・プロデュース]安江 圭(TBS)
[出演]宮尾俊太郎、小林美奈、栗山廉ほか
[指揮]井田勝大
[管弦楽]シアター オーケストラ トーキョー
[収録]Bunkamuraオーチャードホール 2020年12月5日の公演
[映像制作・配給]TBS
[上映時間]95分間
[上映期間・料金]
12月3日(金)~12月16日(木)2週間限定上映
入場料金 2500円(税込)
前売券(ローソンチケット) 2200円(税込)
※入場者特典:オリジナルクリアファイル(各劇場にて先着順)

[公開劇場](※白鳥の湖 in Cinema のみ39館)
ユナイテッド・シネマ札幌
シネプレックス旭川
ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原
ユナイテッド・シネマ前橋
ユナイテッド・シネマ アシコタウンあしかが
ユナイテッド・シネマ水戸
シネプレックスつくば
ユナイテッド・シネマ ウニクス上里
ユナイテッド・シネマ浦和
ユナイテッド・シネマ春日部
ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷
ユナイテッド・シネマ入間
ユナイテッド・シネマわかば
ユナイテッド・シネマ新座
シネプレックス幸手
ユナイテッド・シネマとしまえん
ユナイテッド・シネマ豊洲
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
シネプレックス幕張
ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸
シネプレックス平塚
ユナイテッド・シネマ新潟
ユナイテッド・シネマ金沢
ユナイテッド・シネマ稲沢
ユナイテッド・シネマ阿久比
ユナイテッド・シネマ豊橋18
ユナイテッド・シネマ岡崎
ユナイテッド・シネマ大津
ユナイテッド・シネマ橿原
ユナイテッド・シネマ岸和田
ユナイテッド・シネマ枚方
ユナイテッド・シネマ フジグラン今治
ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
ユナイテッド・シネマ福岡ももち
シネプレックス小倉
ユナイテッド・シネマなかま16
(※「白鳥の湖 in Cinema」の上映なし。「シンデレラ in Cinema」は11月20日から上映予定)
ユナイテッド・シネマ トリアス久山
ユナイテッド・シネマ長崎
ユナイテッド・シネマ熊本
ユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添

PICK UP