誰もが“最愛のもの”のために動いている!『最愛』新井順子プロデューサーインタビュー

TBS Topics


TBSでは10月15日(金)よる10時から吉高由里子主演の金曜ドラマ『最愛』がスタートする。殺人事件の重要参考人となった女性実業家と、彼女を追う刑事、彼女を支える弁護士の3人を中心に、15年前のとある失踪事件から現在の連続殺人事件へと繋がる謎に迫る、完全オリジナルのサスペンスラブストーリーだ。
実業家の主人公・真田梨央役の吉高由里子、事件を追う刑事・宮崎大輝役の松下洸平、梨央の会社の弁護士・加瀬賢一郎を井浦新が演じている。すでに撮影も始まっており、現場の雰囲気も気になるところ。そこでプロデューサー・新井順子に現場の様子や見どころ、タイトルに込められた意味なども聞いた。

監督をも驚かせる吉高由里子の芝居

――今回、過去と現在が混在しながらサスペンスフルな物語が展開していきます。過去のシーンで吉高さんは高校生の制服なども着ていらっしゃいますが、ご覧になっていかかですか?

ご本人は消極的だったんですが、とっても制服が似合っていました。
吉高さんには高校生時代は、ほぼノーメイクで演じていただいています。一方、現在の梨央は女性らしさを生かした大人っぽいメイクや髪型にしていて、まさに実業家という感じになっています。外見も変えていますが、それ以上に吉高さんは過去と現在の演じ分けが見事。一瞬で役になりきるというか、表情が変わるというか。先日も現場にいた監督から「吉高さんの芝居、凄かった。化け物だなぁ」ってメールがあって(笑)。放心した梨央の表情を撮影していた現場で、直前まで笑っていたのに、本番になってスイッチが入った瞬間、まったく別人のようになったと監督も驚いていました。私もそれを聞いて、早く映像が見たい!って思ったほどです。そういえば、今回の梨央は長髪ですが、実は梨央の髪型については1年以上も前からショートにしようか、ロングにしようか悩んでいて。途中、吉高さんから「(髪の毛)切ってもいいですか?」と聞かれたので「切らないで!」って止めたんです(笑)。そこで、梨央はロングにしようと決めました。

宮崎大輝役の松下洸平宮崎大輝役の松下洸平

――松下さんが演じる宮崎大輝は15年前、白山大学陸上部のエースという設定です。

撮影に入る前から体を鍛えていてくださって。毎日のように走っているともおっしゃっていましたし、肌も日焼けされて陸上部の身体に仕上げてくれました。前髪をおろしてもらったので幼い印象になったというのもあるかもしれませんが、もうどこから見ても大学生です。恋には奥手な大輝の照れるラブシーンは、胸キュン間違いなしです!

――そんな大輝も15年たつと刑事になります。

しゃべり方も大学生時代とは変わっていてワイルドというか、男気があるように見えます。そのギャップがとても物語に色を添えていますね。

加瀬賢一郎役の井浦新加瀬賢一郎役の井浦新

――井浦さん演じる加瀬賢一郎は梨央を過去から現在にわたって支える弁護士という役柄。

井浦さんは癒しの存在ですね。現場のスタッフにも加瀬ファンが多くて。“加瀬スマイル”は出演者含めスタッフに大変、好評です。梨央と加瀬の関係はご本人もおっしゃっていましたが、吉高さんと井浦さんの関係に似ていています。まだ10代のころの吉高さんと共演したことのある井浦さんは、彼女のことを妹のような存在に感じているようですね。加瀬も梨央が18歳のころから見守ってきて、いまは会社のトップの梨央を支えている。お2人の持つ空気感が映像にもにじみ出ています。

――ちなみに『最愛』というタイトルに込めた意味を教えていただけますでしょうか。

誰もが“最愛のもの”のために動いているということ。その最愛のものが人なのか、物なのか、はたまた別のものなのか。物語の最大のポイントになっていきますので、注目してください。

――最後にこれからドラマを観る視聴者の方にメッセージをお願いいたします。

いろいろ言いたいことがいっぱいあるんですが、サスペンス作品なので言えないことが多くて(笑)。でも甘酸っぱいラブストーリーが一転して、ひりひりするようなサスペンスへと転がり落ちていきます。初恋の男女と、ひたすら支え続けてきた男がどんなストーリーを繰り広げるのか。複雑にからみ合う人間関係と想像もできない展開にぜひご期待ください!

■番組概要

[タイトル]
金曜ドラマ『最愛』
[放送日時]
10月15日スタート
(※初回は15分拡大)
毎週金曜よる10時~10時54分

PICK UP