世界遺産の“魔の山”を走る「鉄道」とは?

公開: 更新: TBS Topics


“魔の山”と呼ばれる名峰

スイス・アルプスを走る「ユングフラウ鉄道」。
1912年に開通してから、乗客をヨーロッパの高みへと運んでいますが、"魔の山"を通る鉄道でもあります。

ユングフラウ鉄道ユングフラウ鉄道

“魔の山”とは、スイスの名峰・アイガーの異名。
アイガーの北壁は、文字通りの“断崖絶壁”になっており、ここで多くの登山家が命を落としたといいます。

魔の山・アイガー魔の山・アイガー

そんなアイガーや、その隣にそびえる名峰・メンヒの内部には、長さ約7kmにも及ぶトンネルが引かれています。ユングフラウ鉄道はそのトンネルを通り、先にある駅へと向かいます。

2つの名峰を横切る2つの名峰を横切る

ちなみに、かつてアイガーのトンネルを掘った際に出た土砂は、北壁の真ん中に作られた穴から捨てられていたそう。現在その場所には、扉が設置されています。

ヨーロッパで最も高い駅へ

魔の山を越えてユングフラウ鉄道が向かうのは、「ユングフラウヨッホ駅」。標高約3454mにあり、ヨーロッパで最も高い場所にある駅です。

ユングフラウヨッホ駅ユングフラウヨッホ駅

駅の真上は展望台になっており、登山家でなくとも、アルプスの真ん中で大パノラマの絶景を目にすることができます。

ユングフラウヨッホ駅の展望台ユングフラウヨッホ駅の展望台

その比類のない景観により、「スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチ」は、2001年 世界遺産に登録されました。

スイス・アルプス ユングフラウ-アレッチスイス・アルプス ユングフラウ-アレッチ

ユングフラウ鉄道は、緑の里山から3000mを超える高さの絶景まで、様々なアルプスの姿を見せてくれます。

世界遺産

日曜よる6:00~

PICK UP