コロナ禍で話題となった妖怪「アマビエ」、実際どんな妖怪だったの?

公開: 更新: TBS Topics


アマビエにより、災いを避けられる!?

コロナ禍で話題となった妖怪「アマビエ」。江戸時代、“肥後国(現在の熊本県)に出現した”と瓦版で伝えられるアマビエは、“豊作のあとに疫病がはやることを予言する、予言獣”の一種であるといわれています。

当時の記録には、ほかにも予言獣と呼ばれる妖怪たちが残されています。

「予言獣」「予言獣」

予言獣が出るとすぐに噂が広まり、当時の人々はその姿を描いたそうです。これは、予言獣の姿を見たり、絵に描いて拝んだりすると、災いを避けられるといわれていたため。

ちなみに「アマビエ」という呼び名の妖怪は、日本で一点しか資料が見つかっていないそう。対して、「アマビコ」と呼ばれる妖怪の記録は、各地で見つかっています。

「アマビコ」たち「アマビコ」たち

このことから、「アマビコ」が間違って「アマビエ」という呼び名になった説がある、とも考えられています。

祈りを捧げる存在にもなった、妖怪

江戸時代以降、日本人は予言獣のほかにも、さまざまな妖怪に祈りを捧げてきました。
人魚はその身を食べると不老不死になるという伝説から“長生きの神様”、河童は“水の神様”として火事除けとして、祀られていたそう。

河童の手のミイラ河童の手のミイラ

妖怪博士の荒俣宏さんも、「国が危なくなったり、天変地異が起きたりすると、(人々が)大きな声で呼ぶのは妖怪です」と、日本人が妖怪にかける思いを語ります。

妖怪は、恐れられるだけでなく、祈りを捧げたり、親しみを持たれたりする存在としても語り継がれてきました。

PICK UP