24時間いつでも使える「マシン特化型スポーツジム」が人気

TBS Topics


スタジオもプールもないのに人気

「エニタイムフィットネス」は、アメリカ生まれのスポーツジムチェーン。
ダンスなどをするスタジオやプールはなく、筋トレ用のマシンやウエイトトレーニング用エリアが充実した、マシン特化型スポーツジムです。

マシン特化型スポーツジムマシン特化型スポーツジム

24時間いつでもトレーニングでき、専用のセキュリティキーを使って受付不要であることから人気。さらに月々の会費は定額制(平均約7500円)で、どんどん通いたくなると好評です。

若い男性をターゲットに大成功

日本に1号店がオープンした2010年当時は、比較的年齢層が高めの女性に特化したカーブスや、若い女性向けのホットヨガ・ピラティスのジムなどが存在。
総合型スポーツクラブもありましたが、若い男性の受け皿となるようなジムはありませんでした。

若い男性向けのジムがなかった時代若い男性向けのジムがなかった時代

この“空白地帯”を狙って急成長を遂げたのが、エニタイムフィットネスです。
マダムを狙って郊外の住宅地に展開するカーブスに対し、仕事帰りやお昼休みのサラリーマンを狙って、ビジネス街の駅前など都会の中心地に出店若い男性向けに筋トレ用の器具を充実させました。

エニタイムフィットネスエニタイムフィットネス

この戦略がハマり、会員約56万人のうち約8割が男性で、そのほとんどは20~40代です。
運営する(株)ファストフィットネスジャパンは、年間約111億円を売り上げており、2020年12月に東証マザーズに上場するなど絶好調(※2021年7月放送時点)

ファストフィットネスジャパンが運営ファストフィットネスジャパンが運営

エニタイムフィットネスには、プールなどがないため広い場所は必要ありません。設備投資が少なくて済むため、フランチャイズ店を始めやすいという特徴があります。

地方都市にも広がっており、まずは直営店を街の真ん中あたりに出店する戦略で成功。直営店の利用実績を見て、“フランチャイズのオーナーになりたい”という人の声があがるようになり、店舗数を伸ばしています。
2021年7月時点では、全国に907店舗を展開。今後は、3000店舗出店を目指しています。

 

PICK UP