【ネタバレ】『恋あた』あまぁ~い!森七菜&中村倫也の恋の予感にキュン

PlusParavi
【ネタバレ】『恋あた』あまぁ~い!森七菜&中村倫也の恋の予感にキュン
【ネタバレ】『恋あた』あまぁ~い!森七菜&中村倫也の恋の予感にキュン

森七菜主演、中村倫也仲野太賀石橋静河らが出演する、TBS系火曜ドラマ『この恋あたためますか』の第1話が、10月20日に放送された。

主人公・井上樹木(森)は小さい頃の体験をきっかけに、「人を喜ばせたい」という思いで、アイドルとしてデビューすることを夢見て活動してきた21歳。だが、自分より若い新メンバーが加入し、樹木はアイドルグループを去ることに。売れたかつての仲間たちを横目に、コンビニ「ココエブリィ」でバイトをしながら、無気力な日々を送っていた。樹木の唯一の楽しみは、お手頃なコンビニスイーツを食べ、感想をSNSにアップすること。その「キキかじり」のスイーツの的確な感想は、スイーツ業界に関わる人々の間で話題になっていた。

そんな「キキかじり」にSNSではなく直接出会ってしまったのが、「ココエブリィ」チェーンの新社長・浅羽拓実(中村)。外資系ネット通販会社から出向し新社長に就任した浅羽は、「ココエブリィ」内部の強い風当たりを受けながらも、企業を立て直して一旗揚げるため、定番スイーツのリニューアルを軸とした組織の改革案を提示する。どうやら「甘いものが嫌い」な浅羽。そうなってしまったであろう浅羽の幼少期のトラウマも描かれ、浅羽がなぜスイーツにこだわるのか・・・物語の重要ポイントとなる伏線になっていそうな予感大だ。

「ココエブリィ」のスイーツ製作専門会社には、浅羽の地元の後輩で、パティシエの新谷誠(仲野)がいた。新谷から「キキかじり」の話を聞いた浅羽は、携帯の取り違えで最悪な再会をした樹木のことを思い出す。樹木の元を訪れ、「ココエブリィ」社長であることを明かす浅羽は人気店のスイーツをだしに樹木を連れ出し、"一番売れる"シュークリームの開発を打診。店のケーキに目を輝かせながら、浅羽がほとんど手を付けないケーキに「じゃ、頂戴!」と手を伸ばし、ケーキに心奪われ話半分の樹木(その表情が豊かで、めちゃくちゃかわいい!)。が、そんな樹木も、浅羽に「君が必要だ」と言われ、思わずフォークを持つ手が止まる。アイドルとしては高齢となり「噛み続けたガム」扱いされて夢を絶たれた樹木が、一番言われたかった言葉なのかもしれない。

と、ここまではラブ要素は薄目なのだが・・・。

バイト仲間で親友&ルームメイトの李思涵/スー(古川琴音)が漫画家の夢を目指す姿さえ、樹木には辛く映っていたが、そんなスーに背中を押され、"一番売れる"シュークリーム開発に乗り出すことになってから"恋の匂い"がほのかに香り出す展開が待っている。樹木は新谷と共に途方もない試行錯誤を繰り返しながら懸命にシュークリームを作るが、浅羽は見た目を理由に、食べることすらせずダメ出ししてくる。悔しさをぶつける樹木とは反対に、再び開発を続けようとする新谷。彼の正論と仕事への誠実さが、樹木の心に刺さる。ふと「何でこの仕事やろうと思ったの?」と新谷が聞く。初対面で握手すらしなかった新谷に、自分の気持ちを打ち明ける樹木。彼女の心の変化を引き出した"新谷マジック"は、ここからさらにミラクルを!

売れ残りの商品に自分を重ね、「どうせ私なんかが頑張ったって無駄でしょって、気持ちがどっかにあるの。そういうスイッチが、ある日を境にできちゃったんだよね」と吐露する樹木。そこから唐突な新谷の壁ドン!&電気のスイッチオフ・・・いやいや早すぎるっしょ!?と見ている人の心の声が聞こえてきそうな急展開が! 「再起動。その『どうせ私なんか』スイッチが入ったら、また言って。また俺が再起動してあげるから」(by新谷)・・・・・・思わず「あまぁ~い!!」とハンバーグ師匠ばりに叫びたくなって、震えた人も多いのでは? だいぶ照れまくっている2人に悶える胸キュンシーンだ。

その後、シュークリームも無事完成し、新谷に抱きついて喜ぶ樹木。思わずキュンとしちゃった新谷は、割とすぐ、樹木から彼氏がいることを告げられる(泣 ※アメとムチ感がすごい!) 不在の浅羽を待っている間、浅羽のことを樹木に話し、樹木を彼氏の元に送り出した後、戻ってきた浅羽に樹木のことを話す新谷がいい人過ぎて、すでにキューピット感が・・・。一方、企業再生のプレッシャーの中、一人戦おうとする浅羽は何を思うのか。

雨の中、シュークリームを届けた彼氏にひどい振られ方をし、勤務先のコンビニで一人涙する樹木。そんな彼女の前に現れたのは、社長室でシュークリームを食べた浅羽だった。ゲキを飛ばすが聞く耳持たない樹木に、浅羽が何かを察する。シュークリームの見た目を賞賛するも、「だが味は・・・忘れたな」ととぼけ、樹木が彼氏の元で落としたシュークリームを口にする浅羽に樹木も目をまん丸くして驚く。「うまい」「君の作ったこの味が多くの人を幸せにするんだ」という浅羽の言葉が、樹木の破れた夢にもリンクして心に染みる。「ありがとう」と珍しく感謝し合う2人、だがすぐに憎まれ口をたたく浅羽。その不器用な優しさを、うれしく感じつつ、樹木は再び夢を追う決心をする。傷心×「どうせ私なんか」スイッチ入りまくりの樹木を復活させた"浅羽マジック"の胸キュン度も破格だ。

ドラマ後半になるにつれ、心の乱高下がハンパない! 生意気なところもあるが、思わず応援したくなるような魅力を持つ樹木に並の振り幅ではないツンデレの浅羽、ひたすら優しくていいやつな新谷、浅羽と何やら関係が深そうな商品部スイーツ課・北川里保(石橋)も登場し、1話から恋の四角関係の展開もバッチリ。樹木は夢だけでなく恋にも破れ、浅羽も恋どころではないし、そもそも水と油のような2人なのだが、"一番売れる"スイーツ開発という夢が2人の距離を近づけていきそうで今後の展開に期待が高まる! さらにその夢を共有する新谷、里保との関係や、スイーツ課課長の職を強引に解任された一岡智子(市川実日子)と浅羽の退陣をもくろむ神子亮(山本耕史)の元恋人同士の2人の動きも、気になるところだ。

人生は甘くない時もある。でもだからこそ甘さ≠幸せを味わいたいと思う気持ちは自然なのかなとも思う。昨今、何かと健康志向で糖質オフしがちだが、制限の多い今の時代にこそ"心の健康"のために"甘さ"が必要なのかもしれないな、とも。さらに、目の前のあらゆるものが、誰かの懸命な仕事の上に生み出されていることにも気づかされて、自然とほっこりした気分にしてくれる。そのあたたかさが、これからの時期にピッタリ!なドラマだと思わされた。来週以降も楽しみだ。

(文・小松加奈/イラスト・まつもとりえこ)

【第2話(10月27日[火]放送)あらすじ】
"一番売れる"シュークリームのアイデアを提出して見事採用された樹木(森)と新谷(仲野)だったが、社内でもう一つの有力なアイデアが提出されたことを聞く。それは、商品部スイーツ課の里保(石橋)の案だった。どちらのアイデアを商品化するかを決めるため、浅羽(中村)によってコンビニ店のアルバイトに戻っていた樹木は、再びココエブリィ本社に呼び出され・・・。一方で、里保は最新スイーツ店を訪れた浅羽と偶然出会ってしまい・・・。

◆番組情報
『この恋あたためますか』
毎週(火)22:00よりTBS系にて放送中
地上波放送後には動画配信サービス「Paravi」でも配信中。
Paraviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』も独占配信中。