成田凌主演「降り積もれ孤独な死よ」新たなキャスト情報解禁!萩原利久 佐藤大樹 野間口徹 仲万美 松本怜生 杢代和人 カカロニ栗谷 出演決定【コメントあり】

公開: 更新: 日テレTOPICS
成田凌主演「降り積もれ孤独な死よ」新たなキャスト情報解禁!萩原利久 佐藤大樹 野間口徹 仲万美 松本怜生 杢代和人 カカロニ栗谷 出演決定【コメントあり】
成田凌主演「降り積もれ孤独な死よ」新たなキャスト情報解禁!萩原利久 佐藤大樹 野間口徹 仲万美 松本怜生 杢代和人 カカロニ栗谷 出演決定【コメントあり】

7月7日(日)よる10時30分スタート 2024年7月期 読売テレビ・日本テレビ系日曜ドラマ『降り積もれ孤独な死よ』。

先日発表の主演・成田凌、共演・吉川愛、小日向文世に加えて、本日、物語のカギを握る7名のキャストを発表!刑事役の佐藤大樹、野間口徹、5人の生存者である萩原利久、仲万美、松本怜生、杢代和人、カカロニ栗谷の出演が決定!

原作は、講談社「マガジンポケット」で連載中のマンガ『降り積もれ孤独な死よ』(原作・井龍一、漫画・伊藤翔太)。未完の原作を元にオリジナルの要素も交えてお届けする。

一軒の人気のない屋敷から13人の子供の白骨死体が見つかった、通称・灰川邸事件から、物語は動き出す。事件の真相を追う刑事・冴木仁(成田凌)と、かつてこの屋敷に住んでいたという謎の美女・蓮水花音(吉川愛)。彼女は、屋敷の持ち主で事件の容疑者・灰川十三(小日向文世)を“父”と呼び、「灰川は犯人ではない」と主張するが―。一体誰が、何のために、子供たちの命を奪ったのか?そして、灰川と子供たちの関係は? 

謎多き灰川邸事件発生から7年。一人の少女の失踪事件をきっかけに灰川邸事件の現場に残されていた謎のマークが再び浮かび上がる。過去と現在、2つの事件の真相が毎回衝撃の展開と共に紐解かれてゆくスリリングなヒューマンサスペンスドラマとなっている。

本作の主人公・冴木が所属する山梨県警富士山北警察署 刑事第一課の後輩と上司を演じるのは佐藤、野間口。佐藤演じる鈴木潤(すずき じゅん)は、冴木の後輩の新人刑事。捜査の基本を覚えるために、冴木についていつも行動を共にしている。天然で妙に人なつっこい性格の持ち主。冴木や五味に対して従順なキャラクター。野間口演じる川相総一(かわい そういち)は、冴木の上司である警部。冴木の単独行動などに振り回されながらも見守る一面もあり、捜査の指揮をとっていく。平和な街に突如として起きた驚きの事件。その真相は―。

吉川演じる花音と同じく、かつて灰川邸に住んでいた子供たちの内、生き残った子供たちを演じるのが、萩原、仲、松本、杢代、栗谷。萩原演じる瀧本蒼佑(たきもと そうすけ)は冴木の腹違いの弟。冴木が実家を出た後に実家を出て、灰川の屋敷で一緒に暮らしていたことが事件により判明する。仲演じる沖島マヤ(おきしま まや)は、灰川の家でかつて暮らしていた子供たちの中で長女的な存在。現在はタトゥーアーティスト。松本演じる川口悟(かわぐち さとる)はやはり花音や蒼佑と共に灰川の屋敷で生活していた過去の持ち主で、現在は法科大学院生。杢代演じる神代健流(かみしろ たける)はかつて花音とともに灰川の屋敷で暮らしていたが、現在は行方不明になっている謎の人物。栗谷演じる東優磨(あずま ゆうま)は灰川の家に一番最初に暮らし始めた一家の長男的な存在。彼らはなぜ、灰川と共に暮らし始めたのか?

事件の真相を追う冴木と花音。花音が“父“と慕う灰川は事件の真犯人なのか―。降り積もる謎が予測不能な結末へ誘う、ヒューマンサスペンス『降り積もれ孤独な死よ』は読売テレビ・日本テレビ系で7月7日(日)よる10時30分放送スタート!

【キャスト コメント】

◎山梨県警富士山北警察署 刑事第一課

■佐藤大樹

いつか挑戦してみたいと思っていたサスペンス、そして刑事役。
原作を読ませていただいた時の衝撃が忘れられないです。早く続きが読みたいと心から思わせてくれるスピード感、読めない展開と新事実。今回の実写ドラマでは、オリジナル要素も加わり、更に見どころが増しています! 
今まで経験したことのない役どころにほどよい緊張感と責任感を感じていますが、豪華共演者の皆さまの胸を借るつもりで、最後までのびのびと自分なりに演じきりたいと思います。視聴者の皆さんにはぜひ考察をしながら毎週楽しんでいただければ嬉しいです。皆さんの予想を遥かに超える作品になると思います!ぜひご期待ください!!

■野間口徹

主人公を、優しく、ときに厳しく見守る上司役なのですが、自分にこのような役が与えられるようになったのだな、と感慨深く思うと共に、身が引き締まる思いです。

物語には、様々な形の愛情が現れます。そしてその裏返しの怒りや憎しみも。
共感できるもの、おおよそ理解しがたいもの。 ご覧になる方々のどこかしらに響く作品になると思いますので、楽しみにしていて下さい。僕も今から楽しみで仕方ありません。

◎主人公・冴木の生き別れた弟

■萩原利久

『降り積もれ孤独な死よ』で瀧本蒼佑を演じさせていただきます萩原利久です。
原作、脚本を読むとすごく面白かったです。
一言でまとめてしまいましたが、面白くて自分も参加させてもらいたいと心から思いました。
個性溢れるたくさんの登場人物がいるのも魅力の1つですが、初めましての方が多いのでどんな風にお芝居を交わせるのか個人的に楽しみです。
読んでいた時にぐるぐると振り回されたように視聴者の方をぐるぐる振り回して楽しんでもらえるよう頑張ります。

◎“生き残った”子供たち

■仲万美

お初にお目に掛かります。仲万美と申します。
この度、ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」にて沖島マヤさんを演じさせていただく事になりました。
そして人生初めての地上波という事で、期待で胸が高鳴る思いです。
まさか自分が地上波に出るとは、お芝居を始めた頃誰が予想出来たでしょうか。それ程自分には、おったまげな出来事です!それと同時に、嬉しさと不安と緊張が大波乱となっております故、寛大な目でご覧にいただけますと仲万美とても喜びます。
そして私事ではありますが、主演の成田凌くんとは、自分のお芝居のデビュー作で実は共演をしておりまして。夢だったのです!過去に共演した役者様達とまた共演する事が!
ですので、成田くんが自分の夢を叶えさせてくれました!!本当にありがとう!!
少しでも成長した姿をお見せ出来るといいな〜なんて、照れくさいのでこの場をお借りして言わせて頂きました。失礼致します。
ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」、皆様のお目に留まりますように。是非ご覧下さいませ♪

■松本怜生

川口悟役を演じさせていただきます、松本怜生です。
初めて台本を読ませていただいた時、活字を読むのが苦手な自分が夢中になってページをめくっていて、気づけば4時間も経っていました。「とにかく早く完成したものが観たい。」と、気持ちが急くほどの衝撃を受けたのと同時に、自分が演じる役の重要さも感じました。
この作品の醍醐味でもある「登場人物、誰1人信用出来ない圧倒的な緊張感」。その影には1人1人の切ない過去が隠されています。その内の1人として、川口悟の過去を誰よりも知り、誰よりも感じ、誰よりも寄り添って演じるべきだと思いました。それぞれの想いが重なり合った独特な世界観をお届けできると嬉しいです。素敵なキャストの皆さま、スタッフの皆さまと共にこの作品に参加できることに感謝し、精一杯頑張ります。

■杢代和人

神代健流役を演じさせて頂きます、杢代和人です。
台本を初めて読んだ時、それぞれの役柄が抱えている過去にグッときたり、驚きの展開があったり、たくさん感情を揺さぶられました。
今回僕が演じる健流は謎が多く、現時点ではお伝えできることは少ないのですが、自分自身今まで演じた事のない役に挑戦させて頂いています。
「降り積もれ孤独な死よ」毎話考察しながらお楽しみ頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します!

■カカロニ栗谷

今回ドラマ降り積もれ孤独な死よの東優磨役をやらせて頂くカカロニの栗谷だっ!
自身初の連ドラでございます。しかも本格ミステリーサスペンス!マジ拍手喝采!オファー頂いた段階ではどうせワンポイント登場のキモナルシスト役とかキモストーカー役だろうなと思っていたらとても重要な役でした。栗演じる東優磨は過去にとても辛い出来事を経験し傷を背負っている青年です。とても難しい役ですが真正面から役に向き合い日々励んでいます。撮影はすでに始まっていて栗みたいなもんでもすぐに馴染めました。スタッフの皆さん、演者の皆さんがとても温かく迎え入れてくれて素敵な環境を作り上げてくれているからです。皆さまの手足を引っ張らぬよう頑張らないと!そしてこのドラマの結末は栗もまだ知りません!果たしてどうなるのか?考察しながら見たらより楽しめるかと思います!ここまで読んでくれてありがとう!お相手は栗谷だった!是非お楽しみにー!

【登場人物紹介】

■冴木仁(さえき じん)・・・成田凌
山梨県警富士山北警察署に勤務する刑事。正義感が強く、そのせいで組織からはみ出した行動を取ることも多い。事件の捜査中に生き別れた弟が容疑者の関係者として浮上する。

■蓮水花音(はすみ かのん)・・・吉川愛
親から育児放棄された過去があり、心に傷を隠し持っている。灰川に保護され6年前まで屋敷に住んでいた。灰川を心から慕っており、灰川の無罪を主張しに警察を訪れる。事件の真相を冴木と一緒に追う。

■瀧本蒼佑(たきもと そうすけ)・・・萩原利久
冴木の腹違いの弟。冴木が実家を出た後、蒼佑も実家を出て灰川の屋敷で暮らしていたことが事件により判明する。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

■鈴木潤(すずき じゅん)・・・佐藤大樹
冴木の後輩である新人刑事。捜査の基本を覚えるために、冴木といつも行動を共にしている。
明るく人なつっこい性格の持ち主。冴木や五味などの先輩に対して従順。

■沖島マヤ(おきしま まや)・・・仲万美
全身にタトゥーが入った女性。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

■川口悟(かわぐち さとる)・・・松本怜生
法科大学院に通っている。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

■神代健流(かみしろ たける)・・・杢代和人
灰川邸事件で生き残った子供の1人だが、現在は行方不明。

■東優磨(あずま ゆうま)・・・カカロニ栗谷
運送会社に勤務している。灰川邸事件で生き残った子供の1人。

■川相総一(かわい そういち)・・・野間口徹
冴木の上司である警部。冴木の単独行動などに振り回されながらも見守る一面もあり、捜査の指揮をとっていく。

■灰川十三(はいかわ じゅうぞう)・・・小日向文世
豪邸である屋敷の持ち主。灰川が行方不明の中、屋敷の地下室で13人の餓死した子供たちの遺体が発見された。その灰川邸事件の容疑者。顔の左半分に大きな痣がある。

【イントロ】

13人の子どもたちの白骨死体が見つかった、通称“灰川邸事件”。
現場に残された謎のマークが、7年の時を経て、再び姿を現す。
不可解な共同生活、 “父”と呼ばれる容疑者、事件の6人の生存者、幾重にも隠された真実。
降り積もる謎が予測不能な結末へ誘う、ヒューマンサスペンス!

2024年、若者たちが社会や家族からの逃げ場所として、たむろしている都内某所。
そこで、突如1人の少女が失踪する事件が…
そして、遡ること7年。
2017年、とある屋敷で少年少女監禁死体遺棄事件が起きた。白骨化した遺体の数は13体。
刑事・冴木仁が事件の解明に乗り出した。
被疑者は、屋敷の主・灰川十三。消息不明の謎の男だ。
そんな中、現れたのは灰川を父と慕う謎の女性・蓮水花音だった。
事件を追う冴木と花音。そして、次第に明らかになっていく真犯人の存在……
過去と現在をつなぐ事件の真相とは、いったい―

はたして、事件の真犯人は…!?
謎が新たな謎を呼び、過去と現在が交差する、クライムエンターテインメントの幕開け――

【番組概要】

脚本 橋本夏
演出 内藤瑛亮 二宮崇 高杉考宏
音楽 Jun Futamata
原作 『降り積もれ孤独な死よ』原作:井龍一 漫画:伊藤翔太(講談社「マガジンポケット」連載中)
累計100万部超の大ヒットクライムサスペンス『親愛なる僕へ殺意をこめて』の井龍一、伊藤翔太コンビの最新作。

チーフプロデューサー 岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー 中山喬詞(読売テレビ) 清家優輝(ファインエンターテイメント)
制作協力 ファインエンターテイメント
制作著作 読売テレビ

公式HP https://www.ytv.co.jp/furitsumore/
公式X @furitsumore_ytv
公式Instagram @furitsumore_ytv
公式TikTok @furitsumore_ytv