世界で一番盛り上がるのは何祭り? in アメリカ

公開: 更新: 日テレTOPICS
世界で一番盛り上がるのは何祭り? in アメリカ
世界で一番盛り上がるのは何祭り? in アメリカ

今回は特別ゲスト・なにわ男子大橋和也が二度目の参戦!二人が向かったのはアメリカ、テキサス州サビナル。祭り実行委員のグレンダさん案内のもと、ふたりが目にしたものとは…豚を捕まえ袋にいれる男たち!
野生の豚祭りとは1991年からはじまった、野生の豚相手を二人一組で捕獲し、その速さを競うレース。収益はチャリティーに当てられており、地元に人たちにも愛されている。
二人がエントリーするのはおよそ40kgの豚を捕まえるヘビーウエイト級。
まずは野生の豚を観察!野生の豚には牙があり、指を口に近づければ一貫の終わり。実践練習は豚の事も考えてたったの5分。まずはフィールドに置かれたテーブルに座りホイッスルが鳴ったらスタート。
捕まえた野生の豚を麻袋に入れてゴールラインを越えたタイムが記録となる。予選を勝ち抜くには10秒前後で捕まえなければならない!
しかし豚に舐められまくるふたり、宮川は戦意喪失、大橋は謎のカニステップ。それでも意地を見せた宮川が豚を捕らえるも、大橋がビビりすぎて袋に入れられず練習終了…。

そして祭り当日。参加チームは14組、予選で上位二組に入ればワールドチャンピオンシップへの切符を手にすることができる!
祭り開催に先駆け、野生の豚祭り特製バックルのオークション。宮川、大橋ともに落札!
いよいよ祭り開始!一組目はテキサス生まれのザンダー・アレッサンドロペア。記録は38秒!
その後も様々なペアが果敢に豚に挑む!そして大注目の昨年度チャンピオン、ジェイソン&ボビー兄弟。なんと9.5秒の速さで圧倒的な強さを見せた!

いよいよ宮川と大橋の出番。11秒より早くゴールすれば予選突破だが果たして!?
運命のスタート!豚が大橋を狙うが大橋、受け止めた!宮川がカバーに入るが宮川、思い切り噛まれる!宮川逃走!大橋が行くが、腕からすり抜けてしまい再び宮川が襲われる!闘牛士スタイルで宮川が突進してきた豚を止めて、大橋が捕まえ麻袋へ!
記録は1分4秒、予選突破は出来なかったが見事な戦いを見せた!

以上、アメリカから野生の豚祭りをお届けしました。