「ACMA:GAME」悠季(古川琴音)の家族を救うため突き進む照朝(間宮祥太朗) グングニルの仕掛けた“罠”が待ち受ける!

公開: 更新: 日テレTOPICS
「ACMA:GAME」悠季(古川琴音)の家族を救うため突き進む照朝(間宮祥太朗) グングニルの仕掛けた“罠”が待ち受ける!
「ACMA:GAME」悠季(古川琴音)の家族を救うため突き進む照朝(間宮祥太朗) グングニルの仕掛けた“罠”が待ち受ける!

今日5月12日(日)よる10時30分 第6話が日本テレビ系で放送の「ACMA:GAME アクマゲーム」。

5月5日(日)放送の第5話、アクマゲームトーナメント1回戦第1試合、照朝(間宮祥太朗)は心理ゲーム『隠蔽看破(いんぺいかんぱ)~Hide&See~』で紫(嵐莉菜)がアイドルとして培ってきた演技力に翻弄されながらも勝利を収めた。

一方の初(田中樹)も、天才心理学者・伊達(福山翔大)との1回戦で、絶対不利の下馬評を覆し、伊達に勝利!ついに、照朝と初の対戦が決定した…。

翌日、アクマゲームトーナメント第2試合。潜夜(竜星涼)の対戦相手として姿を現したのは悠季(古川琴音)だった――!

今夜の第6話では、アクマゲームトーナメント1回戦第2試合が開催。潜夜の対戦相手として会場に現れた悠季だが、実は母・悠理子(阿南敦子)と弟・一馬(三浦綺羅)をグングニルに人質にとられ、アクマゲームへの出場を強要されたうえ、ゲームに負ければ母と弟の命はないと脅されていた…。

常に悠季の味方として側にいた初だが、なぜか悠季の最大の危機に「やれることはたった一つ、ゲームに勝つこと」の言葉を残し立ち去ってしまう。

無言で潜夜に救いを求める照朝だが、潜夜は真剣勝負をする構えだ。悠季の家族を救い出したい照朝だが、外部との通信が遮断されたゲーム会場では、居場所を突き止めることすらできない。一体どうすれば…。思案する照朝は、潜夜から会場を離れた森の中に『電波塔』がある情報を得る。

しかし、電波塔の付近には自爆型ドローンが飛び交い、潜夜と浅井(坂口涼太郎)もあわや爆発に巻き込まれそうになったという。

そこに行けば外部と連絡が取れるかもしれない…。「なんとか悠季のゲームが決着つく前にやってみる」。意を決し危険な森の中を『電波塔』を目指して突き進む照朝。そんな照朝を紫が追っていくが、グングニルが仕掛ける危険なゲームが二人を待ち受けていたー!

一方、家族のためにも絶対に負けられない悠季は、照朝が教えてくれた“アクマゲーム必勝法”を武器に、潜夜に真っ向勝負を挑む…!

大切な家族を守るため、たった一人で天才ギャンブラーに立ち向かう悠季。悠季の家族を救うため電波塔を目指す照朝を、グングニルが仕掛けた“罠”が待ち受ける。その裏で静かに進む友の裏切り…心惑わされる第6話は今夜10時30分放送!

■番組概要

◆原作:『ACMA:GAME』 原作・メーブ / 作画・恵広史 (講談社「週刊少年マガジン」所載)
◆脚本:いずみ吉紘 谷口純一郎
◆音楽:菅野祐悟

◆主題歌:「MEMORIES of the End」 UVERworld
作詞:TAKUYA∞ 作曲:TAKUYA∞/辻村有記/伊藤賢 編曲:UVERworld
(ソニー・ミュージックレーベルズ)

◆挿入歌:「GONG」 SixTONES
作詞・作曲・編曲 : Zembnal
(ソニー・ミュージックレーベルズ)

◆チーフプロデューサー:松本京子
◆プロデューサー:藤村直人 岩崎広樹 後藤庸介 大庭佑理(AX-ON) 本多繁勝(AX-ON)
◆演出:佐藤東弥 狩山俊輔 松田健斗 ほか

◆VFX:デジタル・フロンティア
◆制作協力:日テレアックスオン
◆製作著作:日本テレビ

◆番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/acmagame/
◆番組公式X(旧Twitter):https://twitter.com/ntv_acmagame
◆番組公式Instagram:https://www.instagram.com/ntv_acmagame
※推奨ハッシュタグ:#アクマゲーム

TVer番組ページ:https://tver.jp/series/sr1x8h440v