「DASH村」24年目の米作りが始動!森本慎太郎が初めての種まきで大革命!? 「新宿DASH」は春の多摩川で“妖怪ヨーコ”大捜索

公開: 更新: 日テレTOPICS
「DASH村」24年目の米作りが始動!森本慎太郎が初めての種まきで大革命!? 「新宿DASH」は春の多摩川で“妖怪ヨーコ”大捜索
「DASH村」24年目の米作りが始動!森本慎太郎が初めての種まきで大革命!? 「新宿DASH」は春の多摩川で“妖怪ヨーコ”大捜索

明日5月12日(日)よる7時 日本テレビ系で放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」は、福島と東京・新宿で夢が膨らむ企画が始動!

「DASH村」は24年目の米作り。うまい米をたくさん作りたい…種まき初挑戦の森本慎太郎(SixTONES)が、先輩たちも気付かなかった“目からウロコ”の大革命!? さらに「新宿DASH」も新プロジェクトがスタート。国分太一(TOKIO)と松島聡(timelesz)が、春の多摩川で幻の野生生物『妖怪ヨーコ』を大捜索!

◆23年間つないだ種で米作り開始 

DASH村24年目の米作りの舞台は、日本百名山・安達太良山を望む福島県大玉村。“1年前に自分たちの手で開拓した棚田で、今年もうまい米をたくさん作りたい” そのために必要な最初の作業は、去年収穫した種の中から良質な種だけを選抜する『塩水選』。

その大役を任された塩水選初挑戦の慎太郎は「俺流のやり方で」と、野生児ならではの斬新な方法を考案。太一も驚く秘策で成功なるか!?

さらに、初めての種まきで「めちゃくちゃ天才なこと考えたんスけど…」今まで誰も気付かなかった“目からウロコ”のアイデアで超時短に成功!

収穫量アップを目指し、棚田の拡張作業も開始。昨年は畑として使用した土地を田んぼに変えるため、太一が仕掛ける“桑の木ドッキリ”とは一体!?

◆多摩川では妖怪の落とし物を発見!? 新宿DASH番外編 

太一と松島が向かったのは春の多摩川。実は、この地に30年前に姿を消したはずの幻の野生生物『妖怪ヨーコ』が再び現れたという情報が。

都市部ではすでに絶滅したといわれる『妖怪ヨーコ』を見つけることができれば、人と生き物が一緒に暮らす屋上づくりのヒントになるはず。多摩川沿いを大捜索する太一と松島。すると『妖怪ヨーコ』の落とし物を発見!?

30年ぶりに大都会に進撃中の『妖怪ヨーコ』の正体とは…?