プロビキニ選手が伝授 ペットボトルでできる!憧れのお尻を目指すための簡単トレーニング

公開: 更新: 日テレTOPICS
プロビキニ選手が伝授 ペットボトルでできる!憧れのお尻を目指すための簡単トレーニング
プロビキニ選手が伝授 ペットボトルでできる!憧れのお尻を目指すための簡単トレーニング

毎週土曜日 午前10時30分から日本テレビにて放送(関東ローカル/TVerにて最新話を無料配信)ヒロミ、小泉孝太郎がMCを務める「オー!マイゴッド!私だけの神様、教えます」。

街頭インタビューで名前が挙がった、その人にとっての“神様”の中から、特に気になる神にスタジオにお越しいただく当番組。5月4日(土)の放送では、東京・巣鴨で出会った57歳・トレーナーの女性が、自身の“神様”について「FWJ(Fitness World Japan)のビキニ部門の大会に出ていて」「腰からお尻にかけてのラインがとてもステキ」「ヒップラインがまんまる」「バービー人形やリカちゃん人形に筋肉をつけたような方」と紹介してくれた。

女性にとっても「理想のカラダ」だというこの“神様”とは、プロビキニ選手・サリーアン加藤さん。今回は加藤さんにスタジオにお越しいただいた。

ボディビルの「ビキニ」カテゴリのプロ選手。加藤さんは「いわゆる女性らしさ、丸みを残しつつ筋肉をつけていく」「砂時計の形」を追求しているという。

孝太郎が「もともと鍛えるのは好きだったんですか?」と聞くと、「トレーニングというよりも、(最初は)ダイエッターみたいな感じで」と加藤さん。

加藤さんの18歳の時の写真を見てみると、ややふくよか。ヒロミも「ここ(の写真の時)からここ(現在)に」とその変化に驚き。現在の鍛え上げられた体を見て「僕はトレーニングジムもう20年ぐらいやってましたから、確かにお尻すごいですよ」「お尻がふっくらするっていうのはトレーニングでも難しいのよ、地味だし」とヒロミ。

日頃のお尻のトレーニングに密着してみると…まずは、大臀筋下部・ 25kgのウエイトトレーニングを12回。これは「(お尻の)下部の方を狙っていて」と加藤さん。トレーニング中のインターバルは鏡の前でポージングし常に体を確認。続いて、大臀筋上部・80kgを8回。「これは(お尻の)上部を狙って。高さという部分を出す」と加藤さん。さらに大臀筋下部・80kgを8回。こちらは「これも(狙いはお尻の)下部、中部。ハムストリングス、裏ももにかけて締め上げてくるような感じで」とのこと。

さらに今回は、自宅でペットボトルを使って簡単にできるお尻トレーニングを伝授してもらうことに!

まずは両手に2リットルのペットボトルを持って、真っ直ぐ立つ。

真っ直ぐ立った状態から、股関節からお尻を後ろに引いていく。この時に、胸を張った状態で手をまっすぐ下におろしていく。ポイントはお尻を突き上げる意識を持ちながら、ペットボトルを真下に下げること。

そこから膝を曲げてお尻を上につき上げる、そして胸を張って真っ直ぐ上がっていく。

この一連の動きを8回繰り返す。これで、お尻の下の部分からもも裏の筋肉が鍛えられ、お尻全体のシェイプアップ効果が期待できるとのこと。

「8回なんて…って思うけど、これ8回でも十分ですよ」とすっかりこのトレーニングの威力を感じた様子のヒロミに、加藤さんは「8回を3セットぐらいはやってほしい」と語った。