「花咲舞が黙ってない」舞(今田美桜)は元カレと再会 相馬(山本耕史)と昇仙峡(菊地凛子)は過去が明らかに 最後の次回予告にも注目!【第4話 場面写真&あらすじ】

公開: 更新: 日テレTOPICS
「花咲舞が黙ってない」舞(今田美桜)は元カレと再会 相馬(山本耕史)と昇仙峡(菊地凛子)は過去が明らかに 最後の次回予告にも注目!【第4話 場面写真&あらすじ】
「花咲舞が黙ってない」舞(今田美桜)は元カレと再会 相馬(山本耕史)と昇仙峡(菊地凛子)は過去が明らかに 最後の次回予告にも注目!【第4話 場面写真&あらすじ】

今日5月4日(土)よる9時 日本テレビ系で「花咲舞が黙ってない」第4話を放送。

地位なし権力なし怖いものなしの花咲舞が、弱い立場の人たちのため、銀行内の悪事に真正面からぶつかっていく痛快爽快エンターテインメント作品で、2014年・2015年のドラマが大ヒット。前回のドラマ放送後に出版された新作小説『花咲舞が黙ってない』(池井戸潤・著)を原作にした新たな物語を、主人公・花咲舞役に今田美桜、舞のバディ・相馬健役に山本耕史、2人の壁となる昇仙峡玲子役に菊地凛子という新たなキャストでお届け。飯尾和樹(ずん)や要潤、そして前シリーズにも出演した上川隆也らもレギュラー出演している。

花咲舞は、ゴールデンウィークも黙ってない!相馬、昇仙峡の過去が明かされる第4話のあらすじをご紹介。そして第4話終了後の次週予告では、池井戸潤作品のあの名物キャラクターが登場!

■舞は元カレと再会 相馬はかつての上司と再会するが…

舞と相馬は、臨店先の府中支店で舞の元カレ・平井勇磨(前野朋哉)と鉢合わせる。平井は父の会社を継いだ若き経営者。そんな平井の傍には、東京第一銀行から出向して平井エンジニアリングの役員になった助川信次(山西惇)の姿が。かつて助川の部下だった相馬は、久々の再会に表情を曇らせる。

■昇仙峡&紀本のたくらみは!? 動き出す“ある計画”

 一方、昇仙峡と紀本平八経営企画部長(要潤)は4大メガバンクの勢力地図を見据えて話していた。現在第3位に甘んじている東京第一銀行を第1位に返り咲かせるある計画の成功の為にも、臨店班が暴き出す不正を隠蔽する必要があると…。

その日の夜、平井は舞たちに相談する為に「花さき」を訪れた。意外な元カレ登場に驚きを隠せない花咲健(上川隆也)。平井の話では助川に会社を乗っ取られそうなのだが、業績もイマイチな会社を乗っ取ってどうするつもりなのか、真意がわからないという。それを聞いた相馬は、「助川さんが損するようなことをするとは思えない、何か理由があるはずです」と、連休中に平井の会社に調査に行くことに。普段はやる気のない相馬が、臨店の仕事でもない問題を休日返上で調べようとしている姿を舞は不思議に思うが…。

■問題解決の鍵を握るのは…犬!?

連休になり、舞と相馬が平井エンジニアリングを訪れると、会社の宣伝部長として活躍する看板犬のイチローと平井が2人を出迎えた。

事務所で舞と相馬が帳簿や書類をチェックするうちに、この1年の間に2千万円分の経費の領収書がなくなっていることが判明!領収書が欠落し始めた時期と、経理課長だった菊池一男(中野剛)が工場のラインに異動した時期が重なっていることに気づいた舞は、菊池に話を聞くことに。

助川から強引に異動を命じられ今は退職を考えていると語る菊池に、平井は会社を良くするため力を貸して欲しいと願い出るが「助川がいる限り、この会社は変わらない」と突き放されてしまう。それでも諦めきれずに食い下がる舞。すると菊池はあるヒントをくれて…。

■次週予告まで注目! 池井戸潤作品のあの名物キャラクターが登場

本編最後の次週予告では、昇仙峡と紀本ら上層部が極秘に進める計画が一部明らかになる。また、池井戸潤作品でおなじみの“あの名物キャラクター”が、その計画に関わって登場する。

「#GWも黙ってない」…第4話も見逃せない!

■番組概要

土曜よる9時 日本テレビ系で放送
放送後TVer、Huluで配信

番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/hanasakimai2024/
公式X(旧Twitter):https://twitter.com/hanasakimai2024
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/hanasakimai2024
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@hanasakimai2024
番組公式ハッシュタグ:#花咲舞が黙ってない
GW期間中キャンペーン用ハッシュタグ:#GWも黙ってない

原作:池井戸潤 『花咲舞が黙ってない』(中公文庫/講談社文庫)、『不祥事』(講談社文庫/実業之日本社文庫)
脚本:松田裕子 ひかわかよ
演出:南雲聖一
チーフプロデューサー:田中宏史
プロデューサー:小田玲奈 鈴木香織 能勢荘志
シリーズプロデューサー:加藤正俊
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ