味覚障害 約30年間で倍増?若者の間で増加の原因は?味覚を“鍛える”食生活を専門家から学ぶ

公開: 更新: 日テレTOPICS
味覚障害 約30年間で倍増?若者の間で増加の原因は?味覚を“鍛える”食生活を専門家から学ぶ
味覚障害 約30年間で倍増?若者の間で増加の原因は?味覚を“鍛える”食生活を専門家から学ぶ

今日4月30日(火)よる10時から日本テレビ系にて放送の「カズレーザーと学ぶ。」。

毎回、カズレーザーと一緒に、知れば人生観が変わる新知識を最先端の研究者から学ぶ番組。本日のテーマは「味覚を“鍛える”専門家のこだわり食生活」。日本人に急増しているといわれる味覚障害。実は放っておくと心臓病やガンなどの深刻な病気につながってしまうという。

改めて気をつけていきたい味覚障害の危険性とは?今回は専門家監修のもと、おいしい料理を我慢することなく味覚を鍛える食生活についてカズレーザーと学ぶ!

▼約30年間で味覚障害は倍増…病気のリスクも高まってしまう?

全国の味覚障害患者数は1990年の約14万人から2019年には約28万人にまで膨れ上がり、30年近くで倍増している。ところが潜在的な味覚障害は約3000万人もいると推定されており、実に日本人の約4人に1人も可能性があるという。味覚障害が引き起こすリスクはさまざま。味覚が悪いせいで食べ過ぎや早食いを助長し、糖分や塩分を取り過ぎてしまい血糖値が上昇。結果、心臓病やガンのリスクを高めることにつながってしまうことも。

▼若者の間で味覚障害が増加中?原因は誰もが使っているスマホだった

味覚障害は特に若者の間で増えている。番組が街頭インタビューを行ったところ4割が味覚障害のリスクが高いという結果に。原因のひとつとして考えられるのは、普段我々が使っているスマホ。スマホを使うことに集中してしまうことにより、○○になり、味覚が伝えられなくなってしまうという。○○の正体とは? 

▼味覚障害を治すためには味蕾(みらい)細胞を鍛えるべし!

広島大学医学部の堤理恵先生によれば、味蕾(みらい)細胞を鍛えれば、薄い味付けでも肉のうまみや野菜の味をしっかりと感じて、おいしく食べられるという。そして、VTRではマヂカルラブリー村上夫婦の味覚改善生活を放送。味覚の検査結果をもとに味覚改善レシピを試してもらう。

知らず知らずのうちに陥りがちな味覚障害。この機会にあなたも食生活を見直してみては?

▼「能力が劇的にアップ!? 記憶力&血圧すらも改善! 間取りの大正解」

脳科学的・間取りの大正解の解説も!東北大学准教授の細田千尋先生によると、住まいと脳は密接に関係しているということが分かっており、近年では住宅における間取りやレイアウトが脳に変化をもたらす研究が続々と出てきているとのこと。脳科学者・細田先生が実践する、快適に暮らす脳科学的な間取りのポイントをカズレーザーと学ぶ。

MC / カズレーザー(メイプル超合金)
出演者 / いとくとら おいでやす小田 大沢あかね 斉藤慎二(ジャングルポケット) 桜田ひより 高橋茂雄(サバンナ) 本田望結 マヂカルラブリー 武藤十夢 ゆうちゃみ
専門家 / 堤理恵 細田千尋
進行 / 岩田絵里奈(日本テレビアナウンサー)

■TVerにてリアルタイム・最新話を無料配信 https://tver.jp/series/srcmcqwlmq
■X(旧Twitter) https://twitter.com/kazutomanabu
■Instagram https://www.instagram.com/kazutomanabu_ntv
■TikTok  https://www.tiktok.com/@kazutomanabu