小芝風花 日テレ連ドラ初主演「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」7月スタート!“クスッと笑える日常”と“秘められた死者の想い”を描く

公開: 更新: 日テレTOPICS
小芝風花 日テレ連ドラ初主演「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」7月スタート!“クスッと笑える日常”と“秘められた死者の想い”を描く
小芝風花 日テレ連ドラ初主演「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」7月スタート!“クスッと笑える日常”と“秘められた死者の想い”を描く

日本テレビ系で2024年7月放送スタート・土曜よる9時の新ドラマが「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」に決定!

「おちょやん」「半沢直樹」など数々のヒット作を手掛け、2026年大河ドラマ「豊臣兄弟!」を描く脚本家・八津弘幸が日本テレビGP帯連続ドラマに初挑戦の意欲作。警視庁に実在する部署「身元不明相談室」をモデルにドラマ化した作品で、主演を小芝風花が務める。これまで日本テレビ系でドラマ「美食探偵 明智五郎」「霊媒探偵・城塚翡翠」等に出演してきた小芝は、今作で初めて日本テレビ系連続ドラマの主演となる。ほかキャストは近日情報解禁予定。

小芝風花 コメントはこちら:https://www.ntv.co.jp/gohome/articles/4194cqf4csx2ie4oyrzc.html

本作は、社会問題になりつつある、全国に2万体も存在するどこの誰かもわからない“名もなき遺体”の身元を特定し、家族の元に帰すことが役目の「警視庁身元不明人相談室」が舞台。地味で誰も行きたがらない警視庁の部署に自ら志願して配属された変わり者・三田桜(小芝風花)と、10歳上の同期・月本真は、性格も趣味もまるで正反対…。明るく天真らんまんな桜と、クールで冷静沈着な真。顔を合わせればいがみ合ってばかりだが、一人でも多くの身元不明者を家族の元に帰したい思いは一緒…。ご遺体に残されたわずかな手掛かりを頼りに謎を解くミステリー×ヒューマンドラマで、完全オリジナルストーリーとなる。事件発生から犯人逮捕までの王道“警察ドラマ”ではなく、身元不明のご遺体からはじまり、秘められた死者の思いを描く、ありそうでなかった警察エンターテインメント。

本日、ビジュアルも初解禁!

今回解禁のビジュアルは、警視庁身元不明人相談室・捜査官の三田桜が死者の思いを汲み取り、その無念を救う”生”への信念と”死”(身元不明の遺体の骸骨)の対比で構成。ドラマの世界観を表したビジュアルとなっている。三田桜と骸骨が同じポーズをしているの点が、クスっとする日常も描くドラマの要素としても表現されている。

■脚本家 八津弘幸 コメント

最初にこの企画を提案した時、じつは正直この企画は、民放の、しかも連続ドラマでやるのは難しいだろうなと思っていました。どうしても重いテーマになってしまうし、リアリティとエンタメのバランスなど、なかなかの縛りがあることは目に見えていましたから。
ところが何かのタイミングなのか、神様の気まぐれか、いやおそらくプロデューサーの並々ならぬ熱意のおかげで、ありがたいことにこの企画は動き出す運びとなりました。感謝します。感謝しますが、実際に執筆してみると……予想を超えて難しかったです(笑)
でも難しいということは、面白くなる可能性があるということです。
この簡単ではないテーマと向き合い、その上で皆さんに楽しんでもらえるドラマを作れたら、それは何か新しい物のような気がします。

現実世界で苦しんでいる人は確かにいて、自分でもどうすることもできない衝動に駆られて、最後の一歩を踏み出してしまう。できることならその一歩を踏みとどまらせるような、案外この世界はバカバカしくて素敵なんだと思ってもらえるような、そんな作品にできたらと、今も頭を抱えています。

■プロデューサー  荻野哲弘 コメント

数々のヒット作を手がけてこられた脚本家・八津弘幸さんから提案していただいた幾つかの企画の中で、一際この企画が輝いて見えました。
事件が発生して捜査一課の刑事が犯人を逮捕する刑事ものは数あれど、身元がわからないご遺体の身元を特定し、家族や恋人の元に帰す部署のドラマは〝ありそうでなかった”からです。

そんな本作の主演に小芝風花さんをお迎えできることは、望外の幸せです。
「美食探偵 明智五郎」「城塚翡翠」シリーズでご一緒して、卓越したコメディセンスに加え、台詞に感情を乗せる天才的な力を目の当たりにしてきた私にとって、小芝さんの主演作をプロデュースすることはまさに念願だったからです。

ご遺体から始まるストーリーをいかにエンターテインメントにするかについては、八津さんと何度も話し合いました。その中で出た過去作は、「ハコヅメ」と「あぶない刑事」です。両作の観ていて心地良いバディ感を謹んで継承したいと思います。小芝さん演じる三田桜の相棒をどなたが演じるかは、続報を楽しみにしていただければ幸いです。

本作は“警察もの”であると同時に、女性バディを中心とした“お仕事もの”でもあります。本来は、ご遺体の身元が明らかになった段階で仕事としては終わっているのですが、桜はお節介にも“死の真相”まで明らかにしようと奔走します。亡くなった方、そして遺された方のために。誰かのために、仕事の範疇を超えて頑張る桜の姿に、時にクスッと笑い、やがて心を動かされる・・・そんなエンターテインメントを目指します!

■イントロダクション

「あなたは一体誰なの?」どれだけ聞いても答えてくれない身元不明の遺体たち、その数全国で実に2万体。
「警視庁身元不明人相談室」の年の差同期2人が、そんな“彼ら” を家族や恋人の元に帰すべく奔走する!!
クスッと笑える日常と、秘められた死者の想いを描く、ありそうでなかった警察エンターテインメント!

■番組概要

2024年7月スタート 毎週土曜よる9時から放送

脚本:八津弘幸 佐藤友治
音楽:横山克
チーフプロデューサー:松本京子
プロデューサー:荻野哲弘 鈴木将大 本多繁勝(AX-ON)
演出:菅原伸太郎 大谷太郎 ほか
制作協力:AX-ON アバンズゲート
製作著作:日本テレビ

番組公式SNS
X(旧Twitter):https://twitter.com/gohome_ntv
Instagram:https://www.instagram.com/gohome_ntv
TikTok:https://www.tiktok.com/@gohome_ntv

推奨ハッシュタグ #GoHome #警視庁身元不明人相談室