小芝風花「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」主演決定!これまでの“警察ドラマ”と「一味違ったドラマになると思います」【コメント】

公開: 更新: 日テレTOPICS
小芝風花「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」主演決定!これまでの“警察ドラマ”と「一味違ったドラマになると思います」【コメント】
小芝風花「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」主演決定!これまでの“警察ドラマ”と「一味違ったドラマになると思います」【コメント】

日本テレビ系で2024年7月放送スタート・土曜よる9時の新ドラマが「GO HOME~警視庁身元不明人相談室~」に決定!

「おちょやん」「半沢直樹」など数々のヒット作を手掛け、2026年大河ドラマ「豊臣兄弟!」を描く脚本家・八津弘幸が日本テレビGP帯連続ドラマに初挑戦の意欲作。警視庁に実在する部署「身元不明相談室」をモデルにドラマ化した作品で、主演を小芝風花が務める。これまで日本テレビ系ではドラマ「美食探偵 明智五郎」「霊媒探偵・城塚翡翠」等に出演してきた小芝は、今作で初めて日本テレビ系連続ドラマの主演となる。

本作は、全国に2万体も存在するどこの誰かもわからない“名もなき遺体”の身元を特定し、家族の元に帰すことが役目の「警視庁身元不明人相談室」が舞台。自ら志願して配属された変わり者・三田桜(小芝風花)と、10歳上の同期・月本真は、性格も趣味もまるで正反対…。明るく天真らんまんな桜と、クールで冷静沈着な真。顔を合わせればいがみ合ってばかりだが、一人でも多くの身元不明者を家族の元に帰したい思いは一緒…。ご遺体に残されたわずかな手掛かりを頼りに謎を解くミステリー×ヒューマンドラマ。

当記事では、小芝の意気込みコメントをご紹介!

■主演・小芝風花 インタビュー

―今回、主演と聞いたときのお気持ちは

すごく嬉しかったです。 プロデューサーや監督、スタッフさんも、以前からお世話になっている方が多いので、またご一緒できる嬉しさと、今回はどんな作品になるんだろう、作れるんだろうとワクワクしています。

―どんなドラマですか?

実在する警視庁の部署をモデルにしていて、身元がわからないご遺体を服装や持ち物を手掛かりに家族や恋人の元に帰すために奔走するドラマです。これまで警察ドラマってたくさんあると思うのですが、今作は一味違ったドラマになると思います。私自身も身元不明相談室があるという事は知っていたのですが、そこをドラマにするんだ!と思ってすごい新鮮でした。これを機に、相談室のことをいろいろ調べたら、こんなにも多くの身元不明のご遺体があるんだなと思って、正直心が苦しかったです。この作品を通じて、身元がわからなく亡くなってしまった方の思いを根気強く熱心に捜査し、家族や恋人の元に帰す三田桜を見て、視聴者の方に、少しでもあたたかい気持ちになっていただけたら嬉しいです。

―小芝さん演じる三田桜はどんな人ですか?

すごく真っすぐで思いが強いキャラクターです。名前すらわからないご遺体だから、捜査が難航して心が折れそうにもなるときも、誰よりも”彼ら”の気持ちに寄り添う真っすぐさを持ち合わせています。
プライベートでは、明るくてコミュニケーション能力も高く、同期入庁で相棒の月本真にすごく心を許しているキャラクターです。

―今回のドラマにかける意気込み、視聴者の皆さんへのメッセージを

完全オリジナル作品というのもあり、今までにない切り口の新しい警察エンターテインメントがつくれるのではないかと思っています。
是非見て頂きたいです。頑張ります!