“麺ドレス(endless)ラーメン中華料理店” ポリシーは「おいしいってのは量が多くないとダメ」の“オモウマい店”

公開: 更新: 日テレTOPICS
“麺ドレス(endless)ラーメン中華料理店” ポリシーは「おいしいってのは量が多くないとダメ」の“オモウマい店”
“麺ドレス(endless)ラーメン中華料理店” ポリシーは「おいしいってのは量が多くないとダメ」の“オモウマい店”

毎週火曜日よる7時 中京テレビ制作・日本テレビ系列で放送の「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」。

きょう4月23日(火)は、「おいしいってのは量が多くないとダメ。麺ドレス(endless)ラーメン中華料理店」を放送!

■オモウマい店  麺ドレスラーメン店(新潟県長岡市)

新潟県長岡市で見つけた、創業46年の中華料理店。営業が夜22時~朝2時の深夜帯ということもあってか常にシャッターが閉まっていて、お客さんが自ら開けて営業中かどうかを確認する珍しいスタイルとなっている。

若者ですら「やば」とつぶやくボリュームで知られ、銀色のボウルで運ばれてくる“ラーメン(大)”(950円)は、自家製中華麺がなんと6玉!さらにゆでたまご、チャーシュー、ほうれん草、メンマ、ネギなどがトッピングされ、総重量は約3kgにもなる。普通盛りの“ラーメン”(850円)ですら麺は600g以上で、男性がふたりでシェアする光景も。「通常は麺が2玉だけど、お客さんの状況によっては3玉、3.5玉くらいかも」と、注文より麺の量が増えることに頓着しない店主。だが「少なめ」のリクエストにはなぜかあまり応えてもらえないのがお約束となっている。

“塩ラーメン”(850円)は、にぼしやリンゴに加え、ワタリガニなど約20種の食材を使った深みのある黄金スープが特徴。お客さんも「スープがね、出汁がめっちゃ効いてて、これは全然違うわ」と、その味に唸る。

40年通う常連さんがおすすめするのは、自家製ワンタンを使った“ワンタンメン”(950円)。一般のお店では6、7個というワンタンが13個も入る。

また、店主自慢の餃子は、かつてアルバイトしていた今は無き有名店のものを「完全コピー」したという。キャベツの甘みがわかる餡を使った “ギョーザS(シングル)”(500円)は約16個だが、かつて3人前を頼んだお客さんは、「100個来た」と、ラーメンに負けず劣らずのボリュームで提供したことも。

「おいしいってのは量が多くないとダメ。おいしいものを安くいっぱい食べ(させ)る。これ基本」というポリシーを持つ店主。その考えのルーツには、幼い頃の祖母との思い出があった。

※内容は変更になる可能性がありますので、ご了承下さい。

■出演者
MC:ヒロミ
進行:小峠英二
ゲスト:若槻千夏、桜井日奈子

■番組HP:
https://www.ctv.co.jp/omouma/